査読付き雑誌論文 解説論文・特集記事 国際会議論文 国内会議論文

査読付き雑誌論文 (from 2005)

  1. K. Tabuchi and T. Fujino, “Numerical Study of Plasma Characteristics under Magnetohydrodynamic Flow Control in Mars Entry,” Journal of Spacecraft and Rockets, published online May 21, 2024 (DOI: 10.2514/1.A35903).
  2. Y. Akedo, E. Kubota, M. Shahien, M. Suzuki, J. Akedo, T. Fujino, and K. Shinoda, “Effect of Convergent-Divergent Nozzle on Fine Particle Velocity in Low-pressure Induction Plasma Jet in Plasma-Assisted Aerosol Deposition,” Plasma Chemistry and Plasma Processing, Vol. 44, No. 1, pp. 583-600, 2024(DOI: 10.1007/s11090-023-10361-8).
  3. Yuki Inada, Ryo Kikuchi, Yuichi Hirano, Yusuke Maede, Yasunori Tanaka, Yusuke Nakano, Masaya Shigeta, Takayasu Fujino, Akiko Kumada, “Spatial-Frequency-Resolved Schlieren Sensor for Turbulence Visualization in Arc Discharge,” Plasma Chemistry and Plasma Processing,  2023 (DOI: https://doi.org/10.1007/s11090-023-10415-x).
  4. Y. Nakamura, T. Fujino, and T. Segawa, “Effect of opposite phase AC voltage application using dual power supplies on thrust and induced flow of plasma actuator,” Japanese Journal of Applied Physics, Vol. 62, No. 11, 116002, 2023. (DOI: 10.35848/1347-4065/acfe66)
  5. 藤野貴康,仲安陸,佐々木亮,奥野喜裕:「商用規模非平衡MHD発電機の出力調整幅に及ぼす印加磁束密度の効果」,電気学会論文誌B, Vol. 143, No. 12, pp. 652-658, 2023. (https://doi.org/10.1541/ieejpes.143.652)
  6. 長谷部喬大,佐々木亮,藤野貴康,高奈秀匡,小林宏充:「同軸二重円筒型MHDエネルギー変換装置の発電特性に関する実験と理論解析」,電気学会論文誌B, Vol. 143, No. 7, pp. 454-460, 2023 (DOI: 10.1541/ieejpes.142.268). (This paper has been translated into English by John Wiley &Sons, Inc.:  T. Hasebe, R. Sasaki, T. Fujino, H. Takana, and H. Kobayashi, “Experimental and theoretical analyses on power generation characteristics of co-axial MHD energy conversion device,” Electronics and Communications in Japan, Vol. 216, Issue 3, e23446, 2023. DOI : 10.1002/eej.23446)
  7. T. Fujino, Y. Sakamoto, and R. Sasaki, “Influence of the Asymmetric Geometry of Inflow Ducts on the Performance of Nonequilibrium Disk-shaped Magnetohydrodynamic Generators,” IEEE Transactions on Plasma Science, Vol. 50, Issue 12, pp. 4951-4960, 2022 (DOI: 10.1109/TPS.2022.3220787).
  8. 佐々木亮,藤野貴康,高奈秀匡,小林宏充:「同軸二重円筒型MHDエネルギー変換装置の発電特性に及ぼすTaylor渦と渦電流の影響に関する準二次元層流数値解析」,電気学会論文誌B, Vol. 142, No. 5, pp. 268–274, 2022 (DOI: 10.1541/ieejpes.142.268).
  9. 佐々木亮,藤野貴康,高奈秀匡,小林宏充:「同軸二重円筒型MHDエネルギー変換装置の発電特性に関する理論解析」,電気学会論文誌B, Vol. 141, No. 10, pp. 642-648, 2021.
  10. T. Fujino, S. Ito, and Y. Okuno, “Numerical Study of Nonequilibrium Seed-Free Argon Plasma Magnetohydrodynamic Generator using Collisional-Radiative Model,” IEEE Transactions on Plasma Science, Vol. 49, Issue 9, pp. 2954-2966, 2021. (DOI: 10.1109/TPS.2021.3059440)
  11. 坂本裕基,佐々木亮,藤野貴康:「非平衡ディスク形MHD発電機の超音速ノズル内の全圧損失と等エントロピー効率の関係」,電気学会論文誌B, Vol. 141, No. 5, pp. 391-399, 2021.
    (This paper has been translated into English by John Wiley &Sons, Inc.:  Y. Sakamoto, R. Sasaki, T. and T. Fujino, “Relation between total pressure loss in supersonic nozzle and isentropic efficiency of nonequilibrium disk-shaped MHD generator,” Electrical Engineering in Japan, Vol. 214, Issue 4, e23342, Dec. 2021.(doi.org/10.1002/eej.23342))
  12. 佐々木亮,藤野貴康,高奈秀匡,小林宏充:「MHD相互作用下での回転同軸二重円筒内層流の理論解析」,電気学会論文誌B, Vol. 141, No. 3, pp. 280-286, 2021.
    (This paper has been translated into English by John Wiley &Sons, Inc.:  R. Sasaki, T. Fujino, H. Takana, and H. Kobayashi, “Theoretical analysis of annular laminar flows with MHD interaction driven by rotating co-axial cylinder,” Electronics and Communications in Japan, Vol. 104, Issue 2, 12311, 2021. )
  13. T. Fujino and M. Yamauchi, “Numerical study of plasma-fluid characteristics and thrust performance of a low-power argon inductively coupled plasma electrothermal thruster,” Journal of Applied Physics, 128, 173302 (pp. 1-21), 2020. (Selected as Featured Article in Journal of Applied Physics and Showcased in Scilight (Science highlight) in AIP publishing!
  14. H. Saito, H. Matsumoto, and T. Fujino, “Dynamic Behavior of Plasma in a Cascade Plasma Torch with External Magnetic Field,” Journal of Thermal Spray Technology, Vol. 29, No. 3, pp. 333–343, 2020. 
  15. 伊藤創志,藤野貴康,高橋徹,奥野喜裕:「凍結希ガスプラズマMHD発電機の数値設計手法の検討」,電気学会論文誌B, Vol. 140, No. 3, pp. 229-237, 2020.
    (This paper has been translated into English by John Wiley &Sons, Inc.:  S. Ito, T. Fujino, T. Takahashi, and Y. Okuno, “Study on numerical design method of frozen inert gas plasma MHD generators,” Electrical Engineering in Japan, Vol. 213, pp. 13-23, 2020. )
  16. T. Suzuki, H. Saito, and T. Fujino: “Effects of Plasma-Suspension Interaction on Axial Injection DC Suspension Plasma Spray,” IEEE Transactions on Plasma Science, Vol. 47, No. 1, pp. 688-700, 2019. 
  17. H. Saito, T. Suzuki, T. Fujino, and M. Suzuki, “Numerical Simulation of Suspension Plasma Spraying with Axial Injection,” Materials Transactions, Vol. 59, No. 11, pp. 1791-1797, 2018. 
  18. T. Fujino, D. Ichinokiyama, T. Ichikawa: “Plasma Characteristics and Performance of Nonequilibrium Disk Magnetohydrodynamic Generator with Swirl Vanes,” Journal of Propulsion and Powers, Vol. 34, No, 4, pp. 992-1001, 2018.  
  19. T. Yoshino, T. Mori, H. Kawano, K. Miyazaki, Y. Yatabe, and T. Fujino: “Numerical Study on Arc Discharge Characteristics in Double- and Single-flow-type Gas Circuit Breakers,” IEEJ Transactions on Electrical and Electronic Engineering, Vol. 13, No. 3, pp. 422-747, 2018. 
  20. Y. Tanaka, K. Tomita, Y. Inada, A. Kumada, K. Hidaka, T. Fujino, K. Suzuki, T. Shinkai, “Non-equilibrium Studies in Switching Arc Plasma in Japan,” Plasma Physics and Technology Journal, Vol. 4, No. 3, pp. 225-233, 2017 (doi.org/10.14311/ppt.2017.3.225). 
  21. 齋藤宏輝,鈴木琢矢,藤野貴康,鈴木雅人:「アキシャルフィード型サスペンションプラズマスプレーの数値シミュレーション」,日本溶射学会誌,Vol. 54,No. 2,pp. 48-54, 2017. (2018年度溶射学会論文賞受賞!) 
  22. T. Segawa, D. Suzuki, T. Fujino, T. Jukes, and T. Matsunuma: “Feedback Control of Flow Separation Using Plasma Actuator and FBG Sensor,” International Journal of Aerospace Engineering, Vol. 2016, 8648919, pp. 1-16, 2016. 
  23. H. Saito, Y. Nakane, T. Fujino, and H. Takana: “Numerical Analysis of In-flight Particles in Plasma Jet with an Externally Applied Magnetic Field,” Journal of Fluid Science and Technology, Vol. 11, No. 4, Paper No.16-00184, 2016. 
  24. K. Masuda, Y. Shimosawa, and T. Fujino: “Influence of Attack Angle on Magnetohydrodynamic Flow Control in Reentry Flight,” The 30 ISTS Special Issue of Transactions of the Japan Society for Aeronautical and Space Sciences, Aerospace Technology Japan, Vol. 14, No. ists30, pp. Pe_13-Pe_19, 2016. 
  25. T. Fujino and Y. Shimosawa: “Numerical Study of Magnetohydrodynamic Flow Control along Super Orbital Reentry Trajectories,” Journal of Spacecraft and Rockets, Vol. 53, No. 3, pp. 528-537, 2016. 
  26. S. Hirayama, T. Fujino, M. Ishikawa, T. Mori, H. Kawano: “Numerical Study of Arc in SF6 Gas Circuit Breaker with Externally Applied Magnetic Field,” IEEJ Transactions on Electrical and Electronic Engineering, Vol. 11, No. 4, pp. 410-416, 2016. 
  27. T. Yoshino, H. Kawano, T. Mori, K. Miyazaki, and T. Fujino: “Experimental Study on Rotary Arcs in CO2 Model Gas Circuit Breaker,” Plasma Physics and Technology Journal, Vol. 2, No. 2, pp. 211-214, 2015. 
  28. 鈴木大樹, 湯木泰親, 石川仁, 藤野貴康, 瀬川武彦:「プラズマアクチュエータ誘起噴流を用いたGurney Flap効果」, 日本機械学会論文集, Vol.81, No.826, 13 pages(Paper No. 15-00076), 2015. 
  29. Y. Tanaka, T. Nakano, T. Shimizu, K. Tomita, T. Fujino, and K. Suzuki: “Fundamental Investigation Technique on Gas-Blast Arc Behaviors in Decaying and Re-ignition Processes using Power Semiconductors,” IEEJ Transactions on Electrical and Electronic Engineering, Vol. 135, No. 11, pp. 661-668, 2015. 
  30. T. Fujino and M. Ishikawa: “Performance Characteristics of Onboard Hall-type Magnetohydrodynamic Generator during Earth Reentry Flight,” Journal of Propulsion and Power, Vol. 31, No. 2, pp. 737-749, 2015. 
  31. T. Takahashi, T. Fujino, and M. Ishikawa: “Comparison of Generator Performance of Small-scale MHD Generators with Different Electrode Dispositions and Load Connection Systems,” Journal of International Council on Electrical Engineering, Vol. 4, No. 3, pp. 192-198, 2014. 
  32. K. Ito, T. Takahashi, T. Fujino, and M. Ishikawa: “Influences of Channel Size and Operating Conditions on Fluid Behavior in a MHD micro pump for Micro Total Analysis System,” Journal of International Council on Electrical Engineering, Vol. 4, No. 3, pp. 220-226, 2014. 
  33. 平山智士, 木内健人, 藤野貴康, 石川本雄, 森正, 岩本勝治, 河野広道:「印加磁界環境下でのCO2アークとSF6アークの比較」, 電気学会論文誌B, Vol. 133, No. 11, pp. 843-850, 2013. 
  34. 藤野貴康, 大谷尚史, 小南晋, 石川本雄, 奥野喜裕:「非平衡MHD発電機の発電性能に及ぼす高周波誘導コイルの非対称配置の影響」, 電気学会論文誌B, Vol. 133, No. 9, pp. 707-715, 2013. 
  35. T. Takahashi, T. Fujino, M. Ishikawa: “Performance Analysis of Experimental-Scale Scramjet Engine Driven DCW-MHD Generator,” IEEJ Transactions on Electrical and Electronic Engineering, Vol. 8, No. 5, pp. 440-445, 2013. 
  36. 丹羽直之,高橋徹,藤野貴康,石川本雄: 「異なる断面形状を持つスクラムジェットエンジン搭載用DCW-MHD 発電実験機の性能比較」,電気学会論文誌B, Vol. 132, No. 3, pp. 220-225, 2012. 
  37. T. Fujino, R. Sakakihara, and M. Ishikawa: “Numerical Simulation of Magnetohydrodynamic Heat Shield in Reentry Flight with Considering Induced Magnetic Field,” The Journal of Space Technology and Science, Vol.25 No.2, pp.55-69, 2011. 
  38. 平山智士,藤野貴康, 石川本雄,森正,岩本勝治,河野広道:「外部印加磁場中におけるSF6 アークプラズマの三次元非定常数値解析」, 電気学会論文誌B, Vol. 131, No. 10, pp. 865-871, 2011. 
  39. 吉野智之,藤野貴康,石川本雄:「輻射加熱を考慮したMHD Heat Shieldの数値シミュレーション」, 日本航空宇宙学会論文集, Vol. 58, No. 683, pp. 349-356, 2010. 
  40. 高橋徹,藤野貴康, 石川本雄:「PTO電極構成の変更によるダイアゴナル形MHD発電機の性能改善に関する検討」, 電気学会論文誌B, Vol. 130, No. 8, pp. 737-742, 2010. 
  41. T. Fujino, T. Yoshino, and M. Ishikawa: “Aerodynamic Heating of Reentry Body Equipped with On-board Surface Hall Magnetohydrodynamic Generator,” Journal of Propulsion and Power, Vol. 26, No. 4, pp. 638-648, 2010. 
  42. 吉野智之,榊原諒,藤野貴康, 石川本雄:「鈍頭物体周りにおけるプラズマ流れのMHD Flow Controlに及ぼすイオンスリップ効果の影響」, 日本航空宇宙学会論文集, Vol. 57, No. 666, pp. 280-286, 2009. 
  43. T. Yoshino, T. Fujino, and M. Ishikawa: “Possibility of Thermal Protection in Earth-Reentry Flight by MHD Flow Control with Air-Core Circular Magnet,” IEEJ Transactions on Electrical and Electronic Engineering, Vol. 4, No. 4, Special Issue: High Heat Flux Plasmas for Scientific and Engineering Applications, pp. 510-517, 2009. 
  44. T. Fujino and M. Ishikawa: “Feasibility of an On-board Surface Hall MHD Power Generator in Reentry Flight,” Journal of Propulsion and Power, Vol. 25, No. 1, pp. 83-93, 2009.
  45. T. Fujino, S. Kominami, M. Ishikawa, and Y. Okuno: “Two-dimensional Numerical Simulation of Commercial Scale Nonequilibrium MHD Power Generator Coupled with Radio-Frequency Electromagnetic Field,” IEEJ Transactions on Electrical and Electronic Engineering, Vol. 3, No. 6, pp. 696-702, 2008. 
  46. T. Fujino, T. Yoshino, and M. Ishikawa: “Numerical Analysis of Reentry Trajectory Coupled with MHD Flow Control,” Journal of Spacecraft and Rockets, Vol. 45, No. 5, pp. 911-920, 2008. 
  47. 松本裕介,藤野貴康, 石川本雄:「超音速領域に誘導コイルを持つ小型非平衡高周波プラズマ風洞の二次元数値解析」, 日本航空宇宙学会論文集, Vol. 56, No. 650, pp. 116-122, 2008. 
  48. 後藤太樹,藤野貴康, 石川本雄:「自己励起磁場・固定磁場条件下での大型大電力パルスMHD発電機の動作特性に関する二次元数値解析」, 電気学会論文誌B, 2007年, 127 巻, 11 号, pp. 1199-1204. 
  49. T. Fujino, Y. Matsumoto, J. Kasahara, and M. Ishikawa: “Numerical Studies of Magnetohydrodynamic Flow Control Considering Real Wall Electrical Conductivity, ” Journal of Spacecraft and Rockets, 2007, Vol. 44, No. 3, pp. 625-632.
  50. M. Ishikwa, M. Yuhara and T. Fujino: “Three-dimensional computation of magnetohydrodynamics in a weakly ionized plasma with strong MHD interaction,” Journal of Materials Processing Technology, 2007, Vol. 181, pp. 254-259. 
  51. T. Fujino and M. Ishikawa: “Numerical Simulation of Control of Plasma Flow with Magnetic Field for Thermal Protection in Earth-Reentry Flight, ” IEEE Trans. Plasma Science, 2006, Vol. 34, No.2, pp. 409-420. 
  52. T. Fujino, H. Sugita, M. Mizuno, I. Funaki, and M. Ishikawa: “Influences of Electrical Conductivity of Wall on MHD Control of Aerodynamic Heating,” Journal of Spacecraft and Rockets, 2006, Vol. 43, No.1, pp. 63-70. 
  53. G. Lou, T. Murakami, T. Fujino, and Y. Okuno: “Three-Dimensional Numerical Simulation on Performance of Nonequilibrium Plasma MHD Generator Coupled with Radio Frequency Electromagnetic Field,” IEEE Trans. Plasma Science, 2005, Vol.33, No.2, pp.997-1004. 

解説論文・特集記事 Review Articles / Feature Articles, All Invited

  1. 明渡祐樹,藤野貴康,篠田健太郎:「ハイブリッドエアロゾルデポジション法のスポット製膜における入力電力が皮膜特性に与える影響」,溶射技術,Vol. 43,No. 3・4,pp. 78-82,2024.
  2. 藤野貴康:「大気圧移行型直流プラズマトーチ内のプラズマの基本特性」,日本溶射学会誌「溶射」, Vol. 59, No. 1, pp. 67-72, 2022.
  3. 稲田優貴,藤野貴康:「最先端計測・数値シミュレーション技術が切り拓く熱プラズマの新展開―大電流遮断アークの最新研究」電気学会誌 Vol. 140, No. 6, pp. 354-357, 2020.
  4. Yasunori Tanaka, Takayasu Fujino, Toru Iwao: “Review of Thermal Plasma Simulation Technique,” Transactions of the Institute of Electric Engineers of Japan, Vol. 14, No. 11, pp. 1582-1594, 2019 (Invited Review Paper).
  5. 藤野貴康:「知られざる科学技術の原動力-国立研究開発法人 物質・材料研究機構(NIMS) 強磁場ステーション 世界最高磁場NMRを訪ねて-」電気学会誌 137巻 10号,pp. 667-670, 2017. 
  6. 藤野貴康:「外部磁界印加型ガス遮断器の電磁流体数値シミュレーション」放電学会「放電研究」 Vol. 60, No. 1, pp. 21-27, 2017. 
  7. 藤野貴康:「非平衡MHD発電機の電磁流体シミュレーション」日本エネルギー学会機関誌 えねるみくす  Vol. 96, No. 2, pp. 199-206, 2017. 
  8. 藤野貴康:「電磁流体力学を応用した将来型エネルギー・航空宇宙技術」, 日本機械学会流体工学部門ニューズレター流れ, 2015年12月号 (Web). 
  9. 藤野貴康:「油圧・空気圧・水以外の流体技術 – プラズマ電磁流体力学の工学応用-」,日本工業出版「油空圧技術」,Vol. 52, No. 2,pp. 25-29,2013. 
  10. 藤野貴康,石川本雄: 「MHD技術の航空宇宙分野への応用」,日本流体力学会誌「ながれ」,Vol. 27,No. 3,pp. 241-250,2008. 

国際会議論文 Proceedings of International Conferences

  1. H. Miyagi, T. Suzuki, K. Maeshima, T. Yoshino, T. Mori, and T. Fujino:” Numerical Study on Carbon Dioxide Gas-blasted Arc Behavior in Supersonic Nozzle with a Hollow Electrode,” The International Council on Electrical Engineering Conference 2024, Kitakyushu, June 30 to July 4, 2024, July 1, 2024, O-013 (6 pages).
  2. Y. Akedo, T. Fujino, M. Shahien, M. Suzuki, and K. Shinoda, “In-Flight Particle Characteristics in Plasma-Assisted Aerosol Deposition with Supersonic Nozzle,” MRM2023/IUMRS-ICA2023, Kyoto, Japan, December 11-16, 2023, December 15, 2023, G2–P504-10.
  3. T. Suzuki, H. Miyagi, K. Maeshima, T. Yoshino, T. Mori, and T. Fujino, “Arc Interruption Performances for Various Gases with Same Mass Flow Rate,” Twentieth International Conference on Flow Dynamics, Sendai and online, Japan, November 6 to 8, 2023, November 6, 2023, OS21-20, pp. 1163-1166.
  4. T. Hasebe, T. Fujino, H. Takana, and H. Kobayashi, “Study on Streaky Structure in the Vicinity of Rotating Inner Cylinder in Co-axial MHD Energy Conversion Device,” Twentieth International Conference on Flow Dynamics, Sendai and online, Japan, November 6 to 8, 2023, November 8, 2023, OS5-4, pp. 468-469.
  5. T. Fujino, K. Ino, Y. Tanaka, Y. Inada, M. Shigeta, and A. Kumada, “Time-dependent and Three-dimensional Numerical Simulation of Carbon-dioxide Gas-Blasted Arcs in a Nozzle,” 23rd International Conference on Gas Discharges and Their Applications, Greifswald, Germany, Sep. 10 to 15, 2023, Sep. 12, 2023, pp.156-159. (R)
  6. T. Takematsu, Y. Sagara, T. Inaguchi, and T. Fujino, “Experimental and Numerical Study on Vacuum Arc for Designing Electrodes of Vacuum Interrupters,” Proceedings of the 23rd International Symposium on High Voltage Engineering (ISH2023), Glasgow, UK, Aug. 28 to Sep. 1, 2023, Aug. 29, 2023, O4.2.02 (5 pages)(R).
  7. K. Tabuchi and T. Fujino: “Characteristics of Radiative Heating in Mars Entry Flight with Magnetohydrodynamic Flow Control,” AIAA AVIATION 2023 Forum, San Diego, CA, USA, June 12 to 16, 2023, June 14, 2023, AIAA-2023-4024 (Number of pages: 10). (DOI: 10.2514/6.2023-4024)
  8. T. Hasebe, T. Fujino, H. Takana, and H. Kobayashi: “MHD Coupled Simulation of Taylor-Couette Flow of Liquid Metal,” The 10th edition of the International Conference on Computational Methods for Coupled Problems in Science and Engineering, Chania, Crete, Greece, June 5 to 7, 2023, June 6, 2023, IS04-I.
  9. K. Asawa, N. Kubo, K. Nishiyama, M. Tanaka, and T. Fujino: “Relationship between Power Consumption and Fluid Characteristics in Plasma Aerodynamic Control for High-Reynolds Number Flow,” 2023 AIAA SciTech Forum, National Harbor, MD, USA, January 23 to 27, 2023, January 25, 2023, AIAA-2023-1697 (Number of pages: 13). (DOI: 10.2514/6.2023-1697)
  10. K. Tabuchi, R. Sumitomo, K. Tanaka, and T. Fujino: “Numerical Analysis of Magnetohydrodynamic Flow Control in Mars Direct and Orbital Entries,” 2023 AIAA SciTech Forum, National Harbor, MD, USA, January 23 to 27, 2023, January 27, 2023, AIAA-2023-2559 (Number of pages: 16). (DOI: 10.2514/6.2023-2559)
  11. H. Kobayashi, T. Hasebe, T. Fujino, and H. Takana, “Large eddy simulation of MHD turbulent Taylor-Couette flow in axial magnetic field,” 75th Annual Meeting of the Division of Fluid Dynamics, Indiana, the U.S., Nov. 20 to 22, 2022, Nov. 21, 2022, L37.00006.
  12. Y. Akedo, M. Shahien, E. Kubota, M. Suzuki, T. Fujino, and K. Shinoda, “Hybrid Aerosol Deposition with a Supersonic Nozzle,” 9th Tsukuba International Coating Symposium, Tsukuba, Japan, Dec. 12 to 13, 2022, P10, p. 48.
  13. K. Ino, K. Maeshima, T. Yoshino, T. Mori, T. Fujino, “Thermal Fluid Characteristics of Gas Blasted Arcs in a Cylindrical Nozzle with Shock Wave,” International Workshop on High Voltage Engineering 2022, Okinawa(Online), Japan, Nov. 21 to 22, 2022, EPP-22-133, SP-22-068, HV-22-114 (6 pages).
  14. H. Kobayashi, H. Takana, T. Hasebe, and T. Fujino: “Study on MHD phenomena in Co-axial Energy Conversion Device,” Proceedings of the 22nd International Symposium on Advanced Fluid Information, Sendai, Japan, Nov. 9 to 11, 2022, CRF-8, pp. 30-31.
  15. Y. Akedo, K. Ino, K. Shinoda, and T. Fujino, “Numerical Analysis of Supersonic, Nonequilibrium Inductively Coupled Plasma Jet in Plasma-Assisted Aerosol Deposition,” Nineteenth International Conference on Flow Dynamics, Sendai and online, Japan, November 9 to 11, 2022, November 10, 2022, OS5-10, pp. 313-315.
  16. K. Tabuchi and T. Fujino, “Numerical Prediction of Influence of MHD Flow Control on Radiative Heating in Mars Entry,” Nineteenth International Conference on Flow Dynamics, Sendai and online, Japan, November 9 to 11, 2022, November 10, 2022, OS5-8, pp. 305-306.
  17. K. Asawa, N. Kubo, K. Nishiyama, M. Tanaka, and T. Fujino, “Influence of Dielectric Temperature and Ambient Pressure on Power Consumption of a DBD Plasma Actuator during Flow Control,” Nineteenth International Conference on Flow Dynamics, Sendai and online, Japan, November 9 to 11, November 10, 2022, OS21-60, pp. 991-993.
  18. Y. Nakamura, K. Asawa, N. Kubo, M. Tanaka and T. Fujino, “Influence of Electrode Position of DBD Plasma Actuator on Vortex Structures of High Reynolds Number Flows around an Airfoil,” Nineteenth International Conference on Flow Dynamics, Sendai and online, Japan, November 9 to 11, November 10, 2022, OS21-40, pp. 937-940.
  19. Hiromichi Kobayashi, Ryo Sasaki, Takayasu Fujino, Hidemasa Takana, “LES of MHD Turbulent Taylor-Couette Flow in Axial Magnetic Field,” The 12th Symposium on Turbulence and Shear Flow Phenomena (TSFP-12), Osaka (online), Japan, July 19-22, 2022, No. 116 (total number of pages: 6 pages).
  20. K. Ino, T. Yoshino, K. Maeshima, T. Mori, and T. Fujino:“Dependence of Characteristics of Magnetically-Rotated Arcs on Properties of Quenching Gas in Gas Circuit Breaker,” The International Council on Electrical Engineering Conference 2022, Seoul, Korea, June 28 to July 2, 2022, June 30, 2022, 4-0633, pp. 914-922.
  21. H. Kobayashi, H. Takana, R. Sasaki, and T. Fujino: “Study on MHD Phenomena in Co-Axial Energy Conversion Device,” Proceedings of the Twenty-first International Symposium on Advanced Fluid Information, Sendai, Japan, October 27 to 29, 2021, October 28, 2021, CRF-6, pp. 13-14.
  22. K. Akiyama, Y. Hirai, and T. Fujino: “Dependence of Thrust Efficiency on Propellant Mass Flow Rate of Radio-Frequency Inductively Coupled Plasma Thruster,” 18th International Conference on Flow Dynamics, Sendai, Japan, October 27 to 29, 2021, OS20-51, pp. 828-829.
  23. R. Sasaki, T. Fujino, H. Takana, and H. Kobayashi: “Large Eddy Simulation of Liquid Metal Flow in Co-axial MHD Energy Conversion Device,” 18th International Conference on Flow Dynamics, Sendai, Japan, October 27 to 29, 2021, OS20-11, pp. 726-727.
  24. K. Asawa, N. Kubo, M. Tanaka, and T. Fujino: “Effects of Pulse Modulated Plasma Actuator on Pressure Distribution over an Airfoil at High Reynolds Numbers,” 18th International Conference on Flow Dynamics, Sendai, Japan, October 27 to 29, 2021, OS20-8, pp.717-720.
  25. K. Ino, T. Fujino, Y. Tanaka, M. Shigeta, Y. Inada, and A. Kumada: “Numerical Simulation of Unsteady Behavior of Arc Plasma Flow in a Cylindrical Nozzle,” 18th International Conference on Flow Dynamics, Sendai, Japan, October 27 to 29, 2021, OS20-30, pp. 776-778.
  26. K. Akiyama and T. Fujino: “Study on Nozzle Shape of Radio-Frequency Inductively Coupled Plasma Thruster,” AIAA Propulsion and Energy 2021 Forum, Virtual Event, August 9 to 11, 2021, August 9, 2021, AIAA-2021-3381 (Number of pages: 7).
  27. R. Sasaki, T. Fujino, H. Takana, and H. Kobayashi: “Liquid Metal Flows with MHD Interaction in Rotating Co-axial Cylinder,” The 9th edition of the International Conference on Computational Methods for Coupled Problems in Science and Engineering (COUPLED PROBLEMS 2021), Online Event, June 14 to 16, 2021, June 16, IS04B-3.
  28. K. Akiyama, T. Fujino: “Numerical Study on Nozzle Shape of Radio-Frequency Inductively Coupled Plasma Thruster,” The 10th Asian Joint Conference on Propulsion and Power, Sendai, Japan, March 4 to 5, 2021,March 5, 2020, 5F2_5.
  29. R. Sasaki, T. Fujino, H. Takana, and H. Kobayashi: “Study on MHD Annular Flows Driven by Rotating Co-axial Cylinder,” Seventeenth International Conference on Flow Dynamics, Sendai, Japan, October 28 to 30, 2020, October 30, 2020, OS5-9, pp. 220-221.
  30. H. Kobayashi, H. Takana, R. Sasaki, and T. Fujino: “Study on MHD phenomena in Co-axial Energy Conversion Device,” Proceedings of the Twentieth International Symposium on Advanced Fluid Information, Sendai, Japan, October 28 to 30, 2020, October 29, 2020, CRF-51, pp. 89-90.
  31. H. Takana and T. Fujino: “Development of Numerical Modeling on Enhancement of CO2 Absorption by Ionic Liquid Electrospray,” Proceedings of the Twentieth International Symposium on Advanced Fluid Information, Sendai, Japan, October 28 to 30, 2020, October 29, 2020, CRF-49, pp. 85-86.
  32. Y. Sakamoto, R. Sasaki, and T. Fujino: “Numerical Study of Plasma Characteristics in Supersonic Nozzle of Nonequilibrium Magnetohydrodynamic Generator,” AIAA Propulsion and Energy 2020 Forum, Virtual Event, August 24 to 28, 2020, August 26, 2020, AIAA-2020-3655 (Number of pages: 16).
  33. T. Fujino and H. Matsumoto: “Effects of Rotated Arc Jets on Coating Quality in Plasma Spraying Process,” Proceedings of the 16th International Conference on Flow Dynamics, Sendai, Japan, Nov. 6 to 8, 2019, Nov. 8, 2019, OS5-3, pp. 338-339.
  34. H. Takana, K. Kawatani and T. Fujino: “Development of Numerical Modeling on Enhancement of CO2 Absorption by Ionic Liquid Electrospray,” Proceedings of the 19th International Symposium on Advanced Fluid Information, Sendai, Japan, Nov. 6 to 8, 2019, Nov. 7, 2019, CRF-37, pp. 74-75.
  35. M. Yamauchi and T. Fujino: “Comparison between Experiments and Numerical Simulations of a Radio-frequency Inductively Coupled Plasma Thruster,” 2019 AIAA Propulsion and Energy Forum, Indianapolis, Indiana, the U.S., August 19 to 22, 2019, August 18, 2019, AIAA-2019-3903 (Number of pages: 18)(A-R). 
  36. S. Ito, T. Fujino and Y. Okuno: “Numerical Study of Plasma Ignition in Frozen Inert Gas Plasma Magnetohydrodynamic Generator,” 2019 AIAA Propulsion and Energy Forum, Indianapolis, Indiana, the U.S., August 19 to 22, 2019, August 22, 2019, AIAA-2019-4315 (Number of pages: 10)(A-R). 
  37. H. Matsumoto, H. Saito, and T. Fujino: “Voltage Fluctuations Related to Arc Rotation in a Direct Current Plasma Torch with Externally Applied Magnetic Field ,” XXXIV International Conference on Phenomena in Ionized Gases and the 10th International Conference on Reactive Plasmas, Sapporo, Japan, July 14 to 19, 2019, July 15, 2019, PO15PM-083 (2 pages).
  38. K. Yoshida, T. Fujino, T. Yoshino, S. Ogawa, T. Mori: “Numerical simulation of radiation transfer in a model gas circuit breaker using CO2, O2 and CO2/O2 mixture gas,” XXXIV International Conference on Phenomena in Ionized Gases and the 10th International Conference on Reactive Plasmas, Sapporo, Japan, July 14 to 19, 2019, July 15, 2019, PO15PM-057 (2 pages).
  39. S. Ito, T. Takahashi, T. Fujino, and Y.Okuno: “Numerical Analysis of a Commercial Scale Frozen Inert Gas Plasma MHD Power Generator Coupled with an Electrical Power System,” The International Council on Electrical Engineering Conference 2019, Hong Kong, July 2 to 6, 2019, July 4, 2019, ICEE 19J-102 (6 pages).
  40. Y. Sakamoto, S. Ito, and T. Fujino: “Influence of Hot Duct Structure on Plasma-fluid Characteristics in a Nonequilibrium MHD Generator,” The International Council on Electrical Engineering Conference 2019, Hong Kong, July 2 to 6, 2019, July 4, 2019, ICEE 19J-104 (6 pages).
  41. H. Saito, H. Matsumoto, and T. Fujino: “Dynamic Behavior of Anode Arc Jets in a Cascade Plasma Torch with an External Magnetic Field,” International Thermal Spray Conference 2019, Yokohama, Japan, May 26 to 29, 2019, May 27, 2019, pp. 199-206.
  42. H. Saito, H. Matsumoto, K. Maeshima, and T. Fujino: “Experimental Study of Arc Voltage Fluctuations in a kW Cascade Plasma Torch with External Magnetic Field,” 8th Tsukuba International Coating Symposium, Tsukuba, Japan, December 12 to 13, 2018, December 12, 2018, P-17.
  43. H. Saito, H. Matsumoto, K. Maeshima, and T. Fujino: “Experimental and Numerical Investigations on Voltage-current Characteristics of a Few kW Cascade Plasma Torch with External Magnetic Field,” The 9th Asian Thermal Spray Conference, Singapore, Nov. 16 to 18, 2018, Nov. 17, 2018, ATSC-1050 (3 pages). 
  44. S. Kozu, K. Yoshida, T. Fujino, T. Yoshino, T. Mori: “Calculation of Radiative Transfer of CO2 Gas-blasted Arcs,” Proceedings of the 15th International Conference on Flow Dynamics, Sendai, Japan, Nov. 7 to 9, 2018, Nov. 7, 2018, OS18-17, pp.888-889. 
  45. K. Maeshima, H. Matsumoto, H. Saito, and T. Fujino: “Dynamic Behavior of Arc Jet Using Ar-N2 Mixture Gas in a Few kW DC Plasma Torch,” Proceedings of the 15th International Conference on Flow Dynamics, Sendai, Japan, Nov. 7 to 9, 2018, Nov. 8, 2018, OS18-91, pp. 1036-1037.
  46. T. Fujino, H. Matsumoto, K. Maeshima, and H. Saito: “Study on Arc Jets Generated by a Low-power Direct-current Plasma Troch with a Permanent Magnet,” Proceedings of the 15th International Conference on Flow Dynamics, Sendai, Japan, Nov. 7 to 9, 2018, Nov. 8, 2018, OS5-12, pp.506-507.
  47. H. Takana, K. Kawatani and T. Fujino: “Numerical Modeling on Enhancement of CO2 Absorption by Ionic Liquid Electrospray,” Proceedings of the 18th International Symposium on Advanced Fluid Information, Sendai, Japan, Nov. 7 to 9, 2018, Nov. 8, 2018, CRF-44, pp. 90-91.
  48. S. Kozu, T. Fujino, T. Yoshino, S. Ogawa, T. Mori: “Magnetohydrodynamic Analysis of Polytetrafluoroethylene Thermal Arc Coupled with P-1 Radiative Analysis,” IEEJ 11th International Workshop on High Voltage Engineering, Sendai, Japan, Nov. 2 to 3, 2018, Nov. 2, 2018, Paper No. ED-18-072, SP-18-024, HV-18-106 (6 pages).
  49. K. Yoshida, S. Kozu, T. Fujino, T. Yoshino, S. Ogawa, T. Mori: “Numerical Study on Thermal Interruption Performance of CO2-O2 Mixture Gas in Gas Circuit Breaker,” IEEJ 11th International Workshop on High Voltage Engineering, Sendai, Japan, Nov. 2 to 3, 2018, Nov. 3, 2018, Paper No. ED-18-091, SP-18-043, HV-18-125 (5 pages). 
  50. T. Yoshino, A. Majima, T. Uchii, T. Mori and T. Fujino: “Numerical Study on CO2 Gas Circuit Breaker Using Semi-empirical Model for Radiative Energy Transfer,” 22nd International Conference on Gas Discharges and Their Applications, Novi Sad, Serbia, Sep. 2 to 7, 2018, Sep.4, 2018, No. A19, pp.119-122.(R)
  51. K. Maeshima, H. Matsumoto, H. Saito, and T. Fujino: “Relation between Dynamic Behaviors of Arc Jet and Input Power in a Non-Transferred DC Plasma Torch,”22nd International Conference on Gas Discharges and Their Applications, Novi Sad, Serbia, Sep. 2 to 7, 2018, Sep.4, 2018, No. A20, pp.123-126.(R)
  52. S. Kozu, T. Fujino,T. Yoshino, T. Mori: “Radiative Transfer Calculation of CO2 Thermal Plasma Using a Hybrid Plank-Rosseland Mean Absorption Coefficient,” 22nd International Conference on Gas Discharges and Their Applications, Novi Sad, Serbia, Sep. 2 to 7, 2018, Sep.4, 2018, No. A21, pp.127-130.(R)
  53. T. Fujino, H. Matsumoto, K. Maeshima, H. Saito: “Effect of Applying Magnetic Field on Dynamic Behavior of Arc Jet Produced by A Non-transferred Direct-Current Plasma Torch,” 22nd International Conference on Gas Discharges and Their Applications, Novi Sad, Serbia, Sep. 2 to 7, 2018, Sep.5, 2018, No. A49, pp.239-241.(R)
  54. T. Fujino, S. Ito, and Y. Okuno: “Numerical Study on Influences of Radiative De-excitation on Seed-Free Magnetohydrodynamic Generator,” 2018 AIAA Propulsion and Energy Forum, Cincinnati,Ohio, the U.S., July 9 to 11, 2018, July 9, 2018, AIAA-2018-4404 (Number of pages: 15)(A-R). 
  55. Y. Imamura and T. Fujino: “Numerical Simulation of Magnetohydrodynamic Flow Control in Reentry Flight with Three-Temperature model,” 2018 AIAA Aerospace Sciences Meeting, Kissimmee, Florida, January 8 to 12, 2018, January 8, 2018, AIAA-2018-0166 (19 pages).
  56. T. Fujino and K. Maeshima: “Electric Characteristics of a 1kW class Non-transferred Plasma Spray using Ar N2 Gas Mixture,”The Ninth JSME-KSME Thermal and Fluids Engineering Conference (TFEC9), Okinawa, Japan, Oct. 27 to 30, 2017,Oct. 29, 2017, No. TFEC9-1389 (Number of pages: 4)(R)
  57. T. Fujino and K. Maeshima: “Voltage Fluctuation of A Few kW Class Non-transferred DC Plasma Spray, ” 23rd International Symposium on Plasma Chemistry, Montreal, July 30-Aug. 4, 2017, Aug. 1, 2017, No.P2-17-7 (Number of pages: 4)(R).
  58. H. Saito, T. Fujino, H. Takana, and J. Mostaghimi: “Interaction between Rotary Arc and Injected Particles in a Non-transferred DC Plasma Spray with Externally Applied Magnetic Field,” International Thermal Spray Conference 2017, Düsseldorf, Germany, June 7 to 9, 2017, June 8, 2017, DVS 336, pp. 285-290. 
  59. T. Suzuki, H. Saito, T. Fujino, and M. Suzuki: “Effects of Momentum and Heat Transfer between Plasma and Suspensions on an Axial Injection Plasma Spraying,” International Thermal Spray Conference 2017, Düsseldorf, Germany, June 7 to 9, 2017, June 7, 2017, DVS 336, pp. 1106-1111. 
  60. T. Suzuki, H. Saito, T. Fujino, and M. Suzuki: “Influences of Plasma-Suspension Interaction on Axial Feeding SPS process,” 7th Tsukuba International Coating Symposium 2016, Tsukuba, Japan, December 8 to 9, 2016, December 8, 2016, P-13, p. 83.
  61. H. Saito, T. Fujino, H. Takana, L. Pershin, and J. Mostaghimi: “Influence of Operating Currents on In-flight Particle Trajectories in Magnetically Driven Arc Plasma Jet,” 13th International Conference on Flow Dynamics, Sendai, Japan, October 10 to 12, 2016, October 11, 2016, CRF-11, pp. 22-23.
  62. T. Fujino, Y. Yatabe, S. Taruishi, Y. Tanaka, K. Tomita, and K. Suzuki: ” Numerical Study on Decaying Gas-Blast Arcs in Various Quenching Gases,” 21st International Conference on Gas Discharges and Their Applications, Nagoya, Japan, Sep. 11 to 16, 2016, Sep. 15, 2016, No. Invited Lecture 6, pp. 715-719.
  63. Y. Yatabe, T. Fujino, Y. Yoshino: “Three-Dimensional Simulation of CO2 Model Gas Circuit Breaker with Externally Applied Magnetic Field Under Experimental Condition,” 21st International Conference on Gas Discharges and Their Applications, Nagoya, Japan, Sep. 11 to 16, 2016, Sep. 16, 2016, No. A67, pp. 267-270.
  64. T. Yoshino, T. Mori, H. Kawano, Y. Yatabe and T. Fujino: ” Numerical Study of Arc Discharge Characteristics in Single- And Double-Flow-Type Gas Circuit Breakers,” 21st International Conference on Gas Discharges and Their Applications, Nagoya, Japan, Sep. 11 to 16, 2016, Sep. 16, 2016, No. A66, pp. 263-266.
  65. K. Murai, T. Nakano, Y. Tanaka, K. Tomita, T. Fujino, K. Suzuki, Y. Uesugi, T. Ishijima: ” Numerical and Experimental Study On Decaying Arcs In Different Flow In A Nozzle,” 21st International Conference on Gas Discharges and Their Applications, Nagoya, Japan, Sep. 11 to 16, 2016, Sep. 15, 2016, No. A55, pp. 219-222.
  66. R. Takahashi, T. Fujino, and Y. Okuno: “Numerical Simulation of Frozen Inert Gas Plasma MHD Generator with Collisional-Radiative Model,” AIAA Propulsion and Energy Forum 2016, Salt Lake City, Utah, USA, July 25 to 27, 2016, July 25, 2016, AIAA-2016-4523 (11pages).
  67. D. Ichinokiyama and T. Fujino: “Numerical Analysis of Non-equilibrium Disk MHD Generator with Swirl Vanes,” AIAA Propulsion and Energy Forum 2016, Salt Lake City, Utah, USA, July 25 to 27, 2016, July 25, 2016, AIAA-2016-4524 (15pages). 
  68. T. Fujino and T. Takahashi: “Numerical Simulation of Mars Entry Flight using Magnetohydrodynamic Parachute Effect,” 47th AIAA Plasmadynamics and Lasers Conference, Washington, DC, USA, June 13 to 17, 2016, June 13, 2016, AIAA-2016-3227 (9pages).
  69. H. Saito, Y. Nakane, T. Fujino, and H. Takana: “Numerical Analysis of In-flight Sprayed Particles in Plasma Jet for a Thermal Plasma Spray with an Externally Applied Magnetic Field,” 12th International Conference on Flow Dynamics, Sendai, Japan, October 27 to 29, 2015, October 28, 2015, CRF-25, pp. 50-51.
  70. H. Saito, Y. Nakane, T. Fujino, H. Takana, and J. Mostaghimi: “Three-dimensional Simulation of a Non-transferred DC Plasma Torch with a Mixture Gas of Carbon Dioxide and Methane,” International Conference on Advanced Technology in Experimental Mechanics 2015, Toyohashi, Japan, October 4 to 8, 2015, October 7, 2015, OS-22-5, p. 269.
  71. K. Murai, T. Nakano, Y. Tanaka, Y. Uesugi, T. Shiraishi, T. Shimizu, K. Tomita, K. Suzuki, T.Fujino: “The LTE Simulation on Decaying Arc Plasmas in Various Arc Quenching Gases in a Model Circuit Breaker,” Proceedings of ICEPE-ST 2015, Busan, Korea, Oct. 25 to 28, 2015, Oct. 27, 2015, Paper No. G0-459 (6 pages) (to be presented).
  72. T. Yoshino, H. Kawano, T. Mori, K. Miyazaki, and T. Fujino: “Experimental Study on Rotary Arcs in CO2 Model Gas Circuit Breaker,” XXIst Symposium on Physics of Switching Arc, Nove Mesto na Morave, Czech Republic, September 7-11, 2015, Poster Session IV-1 (Accepted).
  73. K. Masuda, Y. Shimosawa, and T. Fujino: “Influence of Attack Angle on Magnetohydrodynamic Flow Control in Reentry Flight,” 30th International Symposium on Space Technology and Science, Kobe, Japan, July 4 to 10, 2015, July 7, 2015, 2015-e-01 (7 pages).
  74. T. Takahashi, Y. Shimosawa, K. Masuda, and T. Fujino: “Numerical Study of Thermal Protection using Magnetohydrodynamic Flow Control in Mars Entry Flight,” 46th AIAA Plasmadynamics and Lasers Conference, Dallas, Texas, June 22 to 26, 2015, June 25, 2015, AIAA-2015-3365 (13 pages).
  75. K. Masuda, Y. Shimosawa, and T. Fujino: “Three-dimensional Numerical Simulation of Magnetohydrodynamic Flow Control in Reentry Flight,” 46th AIAA Plasmadynamics and Lasers Conference, Dallas, Texas, June 22 to 26, 2015, June 25, 2015, AIAA 2015-3366 (17 pages).
  76. T. Kato, Y. Iwasaki, T. Fujino, and I. Funaki: “Thrust Measurement of Radio Frequency Inductively Coupled Plasma Thruster,” 53rd AIAA Aerospace Sciences Meeting, Kissimmee, Florida, January 5 to 9, 2015, January 8, AIAA 2015-1613.
  77. Y. Tanaka, T. Nakano, K. Tomita, T. Fujino, and K. Suzuki: “Experimental Investigation on Decaying Arc Behaviors in Alternative Gas Flow using Semiconductors,” IEEJ 9th International Workshop on High Voltage Engineering, Okinawa, Japan, Nov. 7 to 8, 2014, Nov. 7, 2014, Paper No. ED-14-084, SP-14-040, HV-14-096 (6 pages). 
  78. T. Fujino, T. Takematsu, Y. Yatabe, Y. Tanaka, K. Tomita, and K. Suzuki : “Numerical Study on Transient Behavior of Decaying CO2 Gas-blast Arcs in A Nozzle after Application of Recovery Voltage,” IEEJ 9th International Workshop on High Voltage Engineering, Okinawa, Japan, Nov. 7 to 8, 2014, Nov. 7, 2014, Paper No. ED-14-087, SP-14-043, HV-14-099 (6 pages). 
  79. T. Fujino, T. Takematsu, Y. Yoshino, and S. Ogawa : “Effect of Externally Applied Magnetic Field on Interruption Performance of CO2 Gas Circuit Breaker,”IEEJ 9th International Workshop on High Voltage Engineering, Okinawa, Japan, Nov. 7 to 8, 2014, Nov. 7, 2014, Paper No. ED-14-088, SP-14-044, HV-14-100 (6 pages). 
  80. T. Takematsu, S. Hirayama, T. Fujino, M. Ishikawa, S. Ogawa, and T. Mori : “CO2 Arc Behavior During Current Interruption Process in a Gas Circuit Breaker with Externally Applied Magnetic Field,” 20th International Conference on Gas Discharges and Their Applications, Orleans, France, July 6 to 11, 2014, July 7, 2014, No. A11.
  81. D. Ichinokiyama, H. Saito, and T. Fujino: “Numerical studies of high performance of commercial scale, non-equilibrium disk MHD generator working with Ar/Cs or He/Cs gas,” 20th International Conference on Electrical Engineering, Jeju, Korea, June 15 to 19, 2014, June 18, 2014, HV&ED-0621, pp. 1304-1312.
  82. T. Takahashi, T. Fujino, and M. Ishikawa: “Comparison of Generator Performance of Small-scale MHD Generators with Different Electrode Dispositions and Load Connection Systems,” 19th International Conference on Electrical Engineering, Xiamen, China, July 14 to 17, 2013, July 17, 2013, pp. 1110-1115.
  83. H. Saito, Y. Hamaguchi, T. Takahashi, T. Fujino, and M. Ishikawa: “Evaluation of Numerical Methods for Design of Commercial Scale, Large Non-equilibrium Disk MHD Generator,” 19th International Conference on Electrical Engineering, Xiamen, China, July 14 to 17, 2013, July 17, 2013, pp. 1116-1121.
  84. K. Ito, T. Takahashi, T. Fujino, and M. Ishikawa: “Influences of Channel Size and Operating Conditions on Fluid Behavior in an MHD micro pump for Micro Total Analysis System,” 19th International Conference on Electrical Engineering, Xiamen, China, July 14 to 17, 2013, July 17, 2013, pp. 1156-1160.
  85. H. Watanabe, T. Fujino, and M. Ishikawa: “Study of Influence of Electrodes Arrangement for Faraday Type MHD Generator and Coal Power Cycle Analysis with CO2 Recovery,” 44th AIAA Plasmadynamics and Lasers Conference, San Diego, California, June 24 to 27, 2013, June 25, 2013, AIAA-2013-2890. 
  86. Y. Tamada, N. Niwa, T. Takahashi, T. Fujino, and M. Ishikawa: “Influence of Cross-sectional Shape on Generator Performance and Electromagnetic Fluid Phenomena of DCW-MHD Generators for Hypersonic Airplanes,” 44th AIAA Plasmadynamics and Lasers Conference, San Diego, California, June 24 to 27, 2013, June 25, 2013, AIAA-2013-2891. 
  87. T. Fujino and M. Ishikawa: “Numerical Simulation of MHD Flow Control along Super Orbital Reentry Trajectory,” 44th AIAA Plasmadynamics and Lasers Conference, San Diego, California, June 24 to 27, 2013, June 26, 2013, AIAA-2013-3000. 
  88. S. Hirayama, T. Fujino, M. Ishikawa, T. Mori, K. Iwamoto, and H. Kawano: “Three-dimensional numerical analysis of rotary arc plasma during current interruption process, “XIX International Conference on Gas Discharges and Their Applications, Beijing, China, Sep. 2 to 7, 2012, Sep. 4, 2012, No. A33. 
  89. T. Matsuoka, I. Funaki, S. Satoh, T. Fujino, T. Nakamura, H. Nishida, S. Shinohara, T. Tanikawa, T. Hada, and K. Shamrai: “Laboratory Model Development of Lissajous Acceleration for Electrodeless Helicon Plasma Thruster,” 48th AIAA/ASME/SAE/ASEE Joint Propulsion Conference & Exhibit and 10th International Energy Conversion Engineering Conference, Atlanta, Georgia, July 29 to August 1, 2012, AIAA-2012-3956. 
  90. Y. Hamaguchi, T. Fujino, and M. Ishikawa: “Numerical Simulation of Commercial-Scale Non-equilibrium Magnetohydrodynamic Generator with Inlet Swirl,” 39th IEEE International Conference on Plasama Science, Edinburgh, Scotland, UK, July 8 to 12, 2012, July 10, 2012, 4A-2. 
  91. N. Niwa, T. Takahashi, T. Fujino, and M. Ishikawa: “Three-Dimensional Analysis of Generator Performance of Large-Scale DCW-MHD Generators with Circular and Square Cross-Section,” 43rd AIAAPlasmadynamics and Lasers Conference, New Orleans, Louisiana, June 25 to 28, 2012, June 27, 2012, AIAA-2012-3177. 
  92. T. Matsuoka, I. Funaki, K.P. Shamrai, S. Satoh, T. Fujino, T. Nakamura, H. Nishida, S. Shinohara, T. Hada, and T. Tanikawa: “Laboratory Model Development of Electrodeless Helicon Plasma Thruster Using Permanent Magnet,” 12th Spacecraft Charging Technology Conference, Kitakyushu, Japan, May 14 to 18, 2012, Paper No. 73. 
  93. T. Matsuoka, S. Satoh, I. Funaki, T. Nakamura, S. Shinohara, H. Nishida, K. Yokoi, T. S. Rudenko, K. P. Shamrai, T. Hada, T. Tanikawa, and T. Fujino: “Preliminary Thrust Measurement in Development of Long Lifetime Helicon Plasma Rockets by Use of Lissajous Method,” Proceedings of the Plasma Conference 2011 (PLASMA 2011), Kanazawa, Japan, November 22 to 25, 2011, November 24, 2011, Paper No. 24E12. 
  94. T. Matsuoka, I. Funaki, T. S. Rudenko, K. P. Shamrai, S. Satoh, T. Fujino, T. Nakamura, K. Yokoi, H. Nishida, S. Shinohara, T. Hada, and T. Tanikawa: “Progress in Development for Helicon Plasma Thrusters by Use of the Rotating Electric Field (Lissajous Acceleration),” Proceedings of the 32nd International Electric Propulsion Conference, Wiesbaden, Germany, September 11 to 15, 2011, September 12, 2011, Paper No. IEPC-2011-079. 
  95. S. Hirayama, T. Fujino, M. Ishikawa, T. Mori, K. Iwamoto, and H. Kawano: “Time-dependent Magnetohydrodynamic Simulation of SF6 Rotary-arc Plasma with Consideration of Electromotive Force,” 42nd AIAA Plasmadynamics and Lasers Conference in conjunction with the 18th International Conference on MHD Energy Conversion, Honolulu, Hawaii, June 27 to 30, 2011, June 29, 2011, AIAA-2011-3917. 
  96. S. Satoh, T. Matsuoka, T. Fujino, and I. Funaki: “A Theoretical Analysis for Electrodeless Lissajous Acceleration of HELICON Plasmas,” 42nd AIAA Plasmadynamics and Lasers Conference in conjunction with the 18th International Conference on MHD Energy Conversion, Honolulu, Hawaii, June 27 to 30, 2011, June 30, 2011, AIAA-2011-4008. 
  97. N. Yoshimi, T. Takahashi, T. Fujino, and M. Ishikawa: “Three-dimensional Numerical Simulation of Cylindrical shaped Magnetohydrodynamic Generator under Strong Magnetohydrodynamic Interaction,” 42nd AIAA Plasmadynamics and Lasers Conference in conjunction with the 18th International Conference on MHD Energy Conversion, Honolulu, Hawaii, June 27 to 30, 2011, June 28, 2011, AIAA-2011-3599. 
  98. Y. Hamaguchi, N. Oya, T. Fujino, and M. Ishikawa: “Effect of Inlet Swirl on Performance of Commercial Scale Disk Magnetohydrodynamic Generator,” 42nd AIAA Plasmadynamics and Lasers Conference in conjunction with the 18th International Conference on MHD Energy Conversion, Honolulu, Hawaii, June 27 to 30, 2011, June 27, 2011, AIAA-2011-3288. 
  99. T. Yamashita, Y. Nagakubo, T. Takahashi, T. Fujino, and M. Ishikawa: “Conceptual Design and Three-dimensional Analysis for Commercial-Scale Faraday-Type MHD Generator,” 42nd AIAA Plasmadynamics and Lasers Conference in conjunction with the 18th International Conference on MHD Energy Conversion, Honolulu, Hawaii, June 27 to 30, 2011, June 28, 2011, AIAA-2011-3597. 
  100. N. Niwa, Y. Nagakubo, T. Takahashi, T. Fujino, and M. Ishikawa: “Numerical Analysis of Generator Performance of Experimental DCW-MHD Generators with Circular and Square Cross-Section,” 42nd AIAA Plasmadynamics and Lasers Conference in conjunction with the 18th International Conference on MHD Energy Conversion, Honolulu, Hawaii, June 27 to 30, 2011, June 28, 2011, AIAA-2011-3598. 
  101. S. Hirayama, T. Fujino, M. Ishikawa, T. Mori, K. Iwamoto, and H. Kawano: “Influence of Magnetic Field on SF6 Arc Plasma,” 16th International Conference on Electrical Engineering, Busan, Korea, July 11 to 14, 2010, July 12, 2010, HV&ED-04. 
  102. N. Oya, S. Kominami, T. Fujino, M. Ishikawa, and Y. Okuno: “Three-dimensional Numerical Simulation of Commercial Scale Nonequilibrium Disk MHD Generator Equipped with RF Plasma Production Technique,” 16th International Conference on Electrical Engineering, Busan, Korea, July 11 to 14, 2010, July 12, 2010, PGTM-01. 
  103. T. Fujino, N. Isozaki, and M. Ishikawa: “Feasibility Study of Hall Magnetohydrodynamic Power Generation During Mars Entry Flights,” 41st AIAA Plasmadynamics and Lasers Conference, Chicago, Illinois 28 June to 1 July, 2010, 28 June, 2010, AIAA-2010-4486. 
  104. T. Yoshino, T. Fujino, and M. Ishikawa: “Numerical Study of Thermal Protection Utilizing Magnetohydrodynamic Technology in Super-Orbital Reentry Flight,” 41st AIAA Plasmadynamics and Lasers Conference, Chicago, Illinois 28 June to 1 July, 2010, 28 June, 2010, AIAA-2010-4486. 
  105. T. Takahashi, K. Mizumura, T. Fujino, and M. Ishikawa: “Performance Comparison between Hall and Diagonal Magnetohydrodynamic Generator with Circular Cross Section,” 41st AIAA Plasmadynamics and Lasers Conference, Chicago, Illinois 28 June to 1 July, 2010, 28 June, 2010, AIAA-2010-4306. 
  106. Y. Nagakubo, T. Yamashita, T. Takahashi, T. Fujino, and M. Ishikawa: “Comparison of Generator Performance of Small-Scale Diagonal and Faraday MHD Generators,” 41st AIAA Plasmadynamics and Lasers Conference, Chicago, Illinois 28 June to 1 July, 2010, 28 June, 2010, AIAA-2010-4302. 
  107. M. Inoue, H. Ohkuma, T. Takahashi, K. Mizumura, T. Fujino, and M. Ishikawa: “Study of Effects of Electrode Configuration of Full-Scale Scramjet Driven DCW MHD Generator with Three-Dimensional Analysis,” 41st AIAA Plasmadynamics and Lasers Conference, Chicago, Illinois 28 June to 1 July, 2010, 28 June, 2010, AIAA-2010-4304. 
  108. T. Fujino, S. Hirayama, M. Ishikawa, T. Mori, K. Iwamoto, and H. Kawano: “Numerical Simulation of Unsteady Behavior of Rotary Arc Plasma Under Magnetic Field,” 41st AIAA Plasmadynamics and Lasers Conference, Chicago, Illinois 28 June to 1 July 2010, 29 June 2010, AIAA-2010-4641. 
  109. T. Maeda, S. Satake, K. Shimizu, T. Fujino, and M. Ishikawa: “Experimental and Numerical study of Liquid Metal MHD Engine Generator,” 17th International Conference on MHD Energy Conversion, Kanagawa, Japan, September 14 to 17, 2009, 7-1(CD-ROM). 
  110. K. Mizumura, H. Ohkuma, T. Takahashi, T. Fujino, M. Ishikawa, and J. T. Lineberry: “Study of Generator Performance of a Small-Scale Hall Type MHD Generator with Circular Cross-Section by Three-Dimensional Analysis,” 17th International Conference on MHD Energy Conversion, Kanagawa, Japan, September 14 to 17, 2009, 5-3(CD-ROM). 
  111. Y. Takayama, T. Yoshino, T. Fujino, and M. Ishikawa: “Numerical Analysis of On-board Surface Hall MHD Generator under Various Flight Conditions,” 17th International Conference on MHD Energy Conversion, Kanagawa, Japan, September 14 to 17, 2009, 3-5(CD-ROM). 
  112. R. Sakakihara, T. Yoshino, T. Fujino, and M. Ishikawa: “Numerical Simulation of MHD Flow Control Considering Hall and Ion Slip Effects under Real Reentry Flight Conditions,” 17th International Conference on MHD Energy Conversion, Shonan, Kanagawa, Japan, September 14 to 17, 2009, September 14, 2009, 3-3(CD-ROM). 
  113. T. Yoshino, T. Fujino, and M. Ishikawa: “Influence of MHD Flow Control on Radiative Heat Transfer in Super-orbital Reentry Flight,” 17th International Conference on MHD Energy Conversion, Kanagawa, Japan, September 14 to 17, 2009, September 14, Shonan, 2009, 3-2(CD-ROM). 
  114. T. Fujino and M. Ishikawa: “Numerical Simulation of MHD Flow Control in Mars Entry Flights,” 17th International Conference on MHD Energy Conversion, Kanagawa, Japan, September 14 to 17, 2009, 3-1(CD-ROM). 
  115. S. Kominami, T. Fujino, M. Ishikawa, and Y. Okuno: “Numerical Analysis of Performance and Plasma Flow of Commercial Scale Nonequilibrium Disk MHD Generator,” 17th International Conference on MHD Energy Conversion, Kanagawa, Japan, September 14 to 17, 2009, 1-5(CD-ROM). 
  116. T. Takahashi, T. Fujino, and M. Ishikawa: “Effects of Temperature Non-uniformity on Scramjet Engine Driven DCW-MHD Generator of Experimental Scale,” 17th International Conference on MHD Energy Conversion, Hayama, Kanagawa, Japan, September 14 to 17, 2009, September 14, 2009, 1-2(CD-ROM). 
  117. D. Narishige, M. Yamada, T. Takahashi, T. Fujino, and M. Ishikawa: “Performance Analysis of Commercial Scale Faraday Type MHD Generator,” 17th International Conference on MHD Energy Conversion, Kanagawa, Japan, September 14 to 17, 2009, 1-1(CD-ROM). 
  118. T. Takahashi: “Three-Dimensional Numerical Analyses of Performance Characteristics of Experimental Scale Scramjet Driven MHD Generator,” The 27th International Symposium on Space Technology and Science, Tsukuba, Japan, July 5 to 12, 2009, July 10, 2009, 2009-b-45s, 6 pages. 
  119. N. Isozaki, T. Fujino and M. Ishikawa: “Magnetohydrodynamic Simulation of Inductively Coupled Co2 Plasma,” 40th AIAA Plasmadynamics and Lasers Conference, San Antonio, Texas 22-25 June 2009, AIAA-2009-3737. 
  120. D. Narishige, T. Takahashi, T. Fujino and M. Ishikawa: “Optimization of Seed Fraction and Performance Analysis for Commercial-Scale Faraday-Type MHD generator,” 40th AIAA Plasmadynamics and Lasers Conference, San Antonio, Texas 22-25 June 2009, AIAA-2009-3825. 
  121. S. Kominami, T. Fujino and M. Ishikawa: “Performance Characteristics of Commercial Scale Disk MHD Generator with RF Plasma Production Technique,” 40th AIAA Plasmadynamics and Lasers Conference, San Antonio, Texas 22-25 June 2009, AIAA-2009-3826. 
  122. K. Mizumura, H. Ohkuma, T. Takahashi, T. Fujino and M. Ishikawa: “Three-Dimensional Analysis of a Small-Scale Hall Type MHD Generator with Circular Cross-Section,” 40th AIAA Plasmadynamics and Lasers Conference, San Antonio, Texas 22-25 June 2009, AIAA-2009-3830. 
  123. Y. Takayama, T. Yoshino, T. Fujino and M. Ishikawa: “Generator Performance and Aerodynamic Characteristics of Space Vehicle Equipped with On-Board Surface Hall MHD Generator,” 40th AIAA Plasmadynamics and Lasers Conference, San Antonio, Texas 22-25 June 2009, AIAA-2009-3906. 
  124. T. Fujino, T. Takahashi, M. Ishikawa, T. Mori, and H. Kawano: “Three-Dimensional Numerical Simulation of Rotary Arc plasmas under Externally Applied Magnetic Fields,” XVII International Conference on Gas Discharges and Their Applications, September 2008, No. A21. 
  125. T. Takahashi, T. Fujino, M. Ishikawa, and J. T. Lineberry: “Numerical Studies of Electrical Behavior of Experimental-Scale Scramjet Driven MHD Generator,” International Conference on Electrical Engineering 2008, Ginowan, Okinawa, Japan, July 7, 2008. 
  126. T. Fujino, S. Kominami, M. Ishikawa, and Y. Okuno: “Two-dimensional Numerical Simulation of Commercial Scale Non-equilibrium MHD Power Generator Coupled with Radio-Frequency Electromagnetic Field,” International Conference on Electrical Engineering 2008, Okinawa, Japan, July 2008. 
  127. H. Okuma, T. Takahashi, T. Fujino and M. Ishikawa: “Performance Prediction of Scramjet Driven DCW MHD Generator with Three-Dimensional Analysis,” 39th AIAA Plasmadynamics and Lasers Conference, Seattle, Washington June 2008, AIAA-2008-4333. 
  128. T. Takahashi, T. Fujino, M. Ishikawa and J. T. Lineberry: “Three-Dimensional Analysis of Power-Take-Off Regions of Experimental Scramjet Driven MHD Generator,” 39th AIAA Plasmadynamics and Lasers Conference, Seattle, Washington, June 25, 2008, AIAA-2008-4330. 
  129. T. Fujino, T. Yoshino, and M. Ishikawa: “Prediction of Generator Performance and Aerodynamic Heating of Reentry Vehicle Equipped with On-board Surface Hall Type MHD Generator,” 39th AIAA Plasmadynamics and Lasers Conference, Seattle, Washington, June 2008, AIAA-2008-4225. 
  130. T. Yoshino, S. Kondo, T. Fujino and M. Ishikawa: “Numerical Analysis for MHD Flow Control Using Air-Core Circular Magnet,” 39th AIAA Plasmadynamics and Lasers Conference, Seattle, Washington, June 2008, June 25, 2008, AIAA-2008-4221. 
  131. Y. Matsumoto, T. Yoshino, T. Fujino and M. Ishikawa: “Numerical Analysis of MHD Flow Control under Ground Experimental Condition,” 39th AIAA Plasmadynamics and Lasers Conference, Seattle, Washington, June 2008, June 25, 2008, AIAA-2008-4219. 
  132. T. Yoshino, S. Kondo, T. Fujino and M. Ishikawa: “Numerical Simulation of MHD Flow Control Using Air-Core Magnet under Various Flight Conditions,” The 26th International Symposium on Space Technology and Science, Hamamatsu, Japan, June 1 to 8, 2008, June 3, 2008, 2008-e-21. 
  133. H. Sato, T. Fujino, K. Kubota, I. Funaki and H. Yamakawa: “Design Analysis of Magnetoplasma Sail Propulsion,” The 26th International Symposium on Space Technology and Science, Hamamatsu, Japan, June 1 to 8, 2008, 2008-b-57p. 
  134. X. Zhou, T. Fujino, M. Ishikawa, and X. Xie: “Two-Dimensional Numerical Analyses of Electrochemical Phenomena of Direct Methanol Fuel Cell,” ICEE, Hongkong, July 2007. 
  135. D. Gotoh, T. Takahashi, T. Fujino, M. Ishikawa and J. T. Lineberry: “Computational Analysis of HVEPS Scramjet MHD Power Generation,” 38th AIAA Plasmadynamics and Lasers Conference In conjunction with the 16th International Conference on MHD Energy Conversion, Miami, U.S.A., June 2007, AIAA-2007-4015. 
  136. S. Satake, T. Maeda, K. Shimizu, T. Fujino and M. Ishikawa: “Study of Influence of Induced Magnetic Field of Liquid Metal MHD Generator Experimental Facility,” 38th AIAA Plasmadynamics and Lasers Conference In conjunction with the 16th International Conference on MHD Energy Conversion, Miami, U.S.A., June 2007, AIAA-2007-4022. 
  137. R. Mizukoshi, Y. Matsumoto, T. Fujino and M. Ishikawa: “Design and Performance Analysis of Large Scale Nonequilibrium Disk MHD Generator,” 38th AIAA Plasmadynamics and Lasers Conference In conjunction with the 16th International Conference on MHD Energy Conversion, Miami, U.S.A., June 2007, AIAA-2007-4241. 
  138. T. Fujino, S. Kondo, and M. Ishikawa: “Preliminary Analysis of Electric Power Extraction by MHD Technology in Reentry Flight,” 38th AIAA Plasmadynamics and Lasers Conference In conjunction with the 16th International Conference on MHD Energy Conversion, Miami, U.S.A., June 2007, AIAA-2007-4248. 
  139. T. Yoshino, T. Fujino and M. Ishikawa: “Numerical Analysis of Reentry Trajectory Coupled with MHD Flow Control,” 38th AIAA Plasmadynamics and Lasers Conference In conjunction with the 16th International Conference on MHD Energy Conversion, Miami, U.S.A., June 2007, June 26,2007, AIAA-2007-4249. 
  140. M. Ishikawa, M. Yuhara, T. Tsukuda, and T. Fujino: “Strong Three-Dimensional Interaction between Supersonic Weakly Ionized Flow and Electromagnetic Field,” Proceedings of the 2006 International Symposium on Electrohydrodynamics, Buenos Aires, Argentine, December 2006, pp.139-142. 
  141. T. Fujino, Y. Matsumoto, J. Kasahara, and M. Ishikawa: “Numerical Studies of Magnetohydrodynamic Flow Control Considering Real Wall Electrical Conductivity,” 37th AIAA Plasmadynamics and Lasers Conference, California, U.S.A., June 2006, AIAA-2006-2892. 
  142. D. Gotoh, M. Yuhara, T. Fujino, and M. Ishikawa: “Two- Dimensional Analysis of Influence of Self- Excitation Process on Large- Scale Pulsed MHD Generator,” 37th AIAA Plasmadynamics and Lasers Conference, California, U.S.A., June 2006, AIAA-2006-3078. 
  143. T. Fujino, H. Sugita, M. Mizuno, I. Funaki, J. Kasahara, and M. Ishikawa: “Numerical Simulation of MHD Thermal Protection along OREX Trajectory,” 15th International Conference on MHD Energy Conversion, Moscow, Russia, May 2005, Vol. 2, pp. 621-629. 
  144. T. Tsukuda, T. Fujino, and M. Ishikawa: “Numerical Analyses of a Large-Scale Transonic Coal-Fired Disk MHG Generator Designed for CO2 Recovery,” 15th International Conference on MHD Energy Conversion, Moscow, Russia, May 2005, Vol. 1, pp. 88-97. 
  145. M. Yuhara, T. Fujino, and M. Ishikawa: “Preliminary Three-Dimensional Analysis of a Large-Scale Pulsed MHD Generator,” 15th International Conference on MHD Energy Conversion, Moscow, Russia, May 2005, Vol. 1, pp. 285-293. 
  146. T. Fujino, H. Sugita, M. Mizuno, I. Funaki, J. Kasahara, and M. Ishikawa: “Numerical Simulation of Application of MHD Technology to Thermal Protection of Earth Reentry Space Vehicle,” 7th International School/Symposium for Space Simulations, Kyoto, Japan, 2005, pp. 3-4. 
  147. M. Ishikawa, M. Yuhara and T. Fujino: “Three-Dimensional Computation of Magnetohydrodynamics in a Weakly Ionized Plasma with Strong MHD Interaction,” 4th Japanese-Mediterranean Workshop on Applied Electromagnetic Engineering for Magnet, Superconducting and Nano Materials, Cairo, Egypt, 2005, pp. 207-208. 

国内会議論文 Proceedings of Domestic Conferences

  1. 濱﨑拓光,藤野貴康(筑波大学):”火星低周回軌道上直接大気吸込み式推進機の吸気特性の数値シミュレーション,”第42回航空宇宙数値シミュレーション技術シンポジウム,2024年7月3日〜7月5日,2024年7月3日,カクイックス交流センター,1E13(6 pages)
  2. 十亀孝彰(東京工業大学), 山口拓海, 藤野貴康(筑波大学), 奥野喜裕(東京工業大学) : ”シードフリーアルゴンガスMHD発電機の出力特性”, 令和6年度電気学会全国大会, 2024年3月14日~3月16日, 2024年3月14日, 徳島大学常三島キャンパス, 7-029(1page)
  3. 長谷部喬大, 藤野貴康(筑波大学), 高奈秀匡(東北大学), 小林宏充(慶應義塾大学): “MHD 相互作用下のTaylor-Couette 乱流におけるストリーク構造に及ぼす内円筒回転速度と外部印加磁場の影響,” 第 1 回複雑流動ダイナミクス研究会, 2023年12月11日, 京都, (講演予稿なし)
  4. 中村好伸, 藤野貴康(筑波大学), 瀬川武彦(産業技術総合研究所): “直列接続型プラズマアクチュエータの誘起流特性,” 日本機械学会流体工学部門プラズマアクチュエータ研究会第10回シンポジウム, 2023年11月24日, 御茶ノ水、PA10-P06, (講演予稿なし)
  5. 明渡祐樹(筑波大学),鈴木雅人(産業技術総合研究所),シャヒン ムハマド(産業技術総合研究所),藤野貴康(筑波大学),篠田 健太郎(産業技術総合研究所): “ハイブリッドエアロゾルデポジション法のスポット製膜における入力電力が皮膜特性に与える影響,” 日本溶射学会第118回(2023年度秋季)全国講演大会, 2023年11月21日~22日, 2023年11月22日, 神奈川, 202,(page 27-28), 口頭発表.
  6. 松本正晴(福島大学), 藤野貴康(筑波大学): “電磁流体制御解析へ向けた深層学習によるシミュレーション手法の開発,” 電気学会新エネルギー・環境研究会, 2023年9月21日~22日, 2023年9月22日, 静岡, FTE-23-028.
  7. 十亀孝彰(東京工業大学), 藤野貴康(筑波大学), 奥野喜裕(東京工業大学): “系統連系商用規模非平衡MHD発電機の出力調整特性,” 電気学会新エネルギー・環境研究会, 2023年9月21日~22日, 2023年9月22日, 静岡, FTE-23-030.
  8. 田渕宏太朗, 藤野貴康(筑波大学): “MHD flow controlの効果の確認にむけた小型衝撃風洞の運転条件の検討,”  電気学会新エネルギー・環境研究会, 2023年9月21日~22日, 2023年9月22日, 静岡, FTE-23-031.
  9. 長谷部喬大, 藤野貴康(筑波大学), 高奈秀匡(東北大学), 小林宏充(慶應義塾大学): “同軸二重円筒型MHDエネルギー変換装置における発電効率の負荷抵抗依存性に関する3次元数値解析,” 電気学会新エネルギー・環境研究会, 2023年9月21日~22日, 2023年9月22日, 静岡, FTE-23-033.
  10. 中村好伸, 藤野貴康(筑波大学), 瀬川武彦(産業技術総合研究所): “二電源駆動形プラズマアクチュエータの推力特性,” 日本機械学会関東支部第29期総会, 2023年3月16~17日, 2023年3月17日, オンライン, 17A01, (1page).
  11. 前島啓,吉野智之,森正(東芝エネルギーシステムズ),藤野貴康(筑波大学):”高電圧ガス遮断器の電磁流体・輻射連成解析における壁面境界条件の検討,” 電気学会 放電・プラズマ・パルスパワー/静止器/開閉保護 合同研究会, 2023年7月19-20日, オンライン, EPP-23-058, SA-23-042, SP-23-010, 2023(6 pages) 
  12. 長谷部喬大, 藤野貴康(筑波大学), 高奈秀匡(東北大学),小林宏充(慶應義塾大学): “MHD相互作用下の回転同軸二重円筒流れにおける乱流構造について,” 日本機械学会関東支部第29期総会・講演会, 2023年3月16~17日, 2023年3月17日, オンライン, 17A10, (1page).
  13. 宮城博也,猪野健太(筑波大学),前島啓,吉野智之,森正(東芝エネルギーシステムズ),藤野貴康(筑波大学):”磁界印加環境下での超音速ノズル内ガス吹付アークの時間依存電磁流体解析,”令和5年度電気学会全国大会,2023年3月15日~3月17日,2023年3月16日,名古屋大学東山キャンパス,6-046(1page)
  14. 十亀孝彰(東京工業大学),藤野貴康(筑波大学),奥野喜裕(東京工業大学):”CCMHD発電機における出力調整幅の作動気体温度依存性,”令和5年度電気学会全国大会,2023年3月15日~3月17日,2023年3月15日,名古屋大学東山キャンパス,7-002(1page)
  15. 藤野貴康(筑波大学):”ガス吹き付けアークの動的挙動の電磁流体シミュレーション,”令和5年度電気学会全国大会シンポジウム講演(招待),2023年3月15日~3月17日,2023年3月17日,名古屋大学東山キャンパス,S8-5(1page)
  16. 竹松俊彦,相良雄大,稲口隆(三菱電機),藤野貴康(筑波大学):”真空遮断器の電磁流体解析,”令和5年度電気学会全国大会シンポジウム講演(招待),2023年3月15日~3月17日,2023年3月17日,名古屋大学東山キャンパス,S8-7(4page)
  17. 住友亮太(筑波大学),松本正晴(福島大学),藤野貴康(筑波大学):“深層学習によるMHD Flow Controlの数値シミュレーション手法の開発”,2022年度衝撃波シンポジウム,2023年3月8日~3月10日,2023年3月8日,茨城,1B2-3(8pages)
  18. 中村好伸, 藤野貴康(筑波大学), 瀬川武彦(産業技術総合研究所): “DBDプラズマアクチュエータの被覆電極への高電圧印加が推力・誘起流速特性に与える影響,” 日本機械学会流体工学部門プラズマアクチュエータ研究会第9回シンポジウム, 2023年1月16日, オンライン, PA9-P12, (講演予稿なし)
  19. 鈴木拓実, 猪野健太, 藤野貴康(筑波大学): ”アーク電圧に及ぼすCO2ガス吹き付け流量の影響,” 令和4年度電気学会東京支部茨城支所研究発表会, 2022年12月17日, 茨城, IBK-22-112, p. 138.
  20. 中村好伸, 浅和幸樹, 藤野貴康(筑波大学): ”翼の空力特性に及ぼすDBDプラズマアクチュエータ近傍の電荷密度分布の影響,” 令和4年度電気学会東京支部茨城支所研究発表会, 2022年12月17日, 茨城, IBK-22-111, p. 137.
  21. 宮城博也, 猪野健太, 藤野貴康(筑波大学): ”CO2磁気ロータリアークと周囲ガス流れの相互作用に関する電磁流体解析,” 令和4年度電気学会東京支部茨城支所研究発表会, 2022年12月17日, 茨城, IBK-22-110, p. 136.
  22. 明渡祐樹(筑波大学),Shahien Mohammed(産業技術総合研究所),藤野貴康(筑波大学),篠田健太郎(産業技術総合研究所): ”スポット製膜を利用したハイブリッドエアロゾルデポジション法における粒子飛行分布の評価,” 日本溶射学会第116回(2022年度秋季)全国講演大会, 2022年11月17日~18日, 2022年11月18日, 愛知, 101,(page 1-2).
  23. 小林宏充(慶應義塾大学), 長谷部喬大, 藤野貴康(筑波大学), 高奈秀匡(東北大学): “MHD相互作用下におけるTalor-Couette流れの3次元電磁流体現象,” 日本機械学会第100期流体工学部門講演会, 2022年11月12~13日, 2022年11月13日, 熊本, OS08-12, (1page).
  24. 平井雄一朗, 明渡祐樹, 藤野貴康(筑波大学): “He利用電熱型誘導結合型プラズマ推進機の 性能評価実験と高性能化に向けた電磁流体解析,”日本機械学会第100期流体工学部門講演会, 2022年11月12日~13日, 2022年11月13日, 熊本, OS08-11, (1page).
  25. 十亀孝彰(東京工業大学),藤野貴康(筑波大学),奥野喜裕(東京工業大学): “CCMHD発電システム効率と発電機基本仕様の作動気体温度依存性,” 電気学会新エネルギー・環境研究会, 2022年9月5~6日, 2022年9月6日, オンライン, FTE-22-024, (6 pages). 
  26. 浅和幸樹(筑波大学),久保徳嗣,西山和哉,田中元史(産業技術総合研究所),藤野貴康(筑波大学): “高レイノルズ数条件下でのプラズマ気流制御の消費電力に与える翼回り流れの影響,” 電気学会新エネルギー・環境研究会, 2022年9月5~6日, 2022年9月5日, オンライン, FTE-22-016, (6 pages). 
  27. 長谷部喬大,佐々木亮,藤野貴康(筑波大学),高奈秀匡(東北大学),小林宏充(慶應義塾大学): “同軸二重円筒型MHDエネルギー変換装置における発電実験と数値解析,” 電気学会新エネルギー・環境研究会, 2022年9月5~6日, 2022年9月6日, オンライン, FTE-22-028, (6 pages). 
  28. 藤野貴康・猪野健太・(筑波大学)・田中康規(金沢大学):“ガス吹き付けアークの空間高次精度非定常3次元電磁流体解析技術の開発,” 電気学会 放電・プラズマ・パルスパワー/静止器/開閉保護 合同研究会, 2022年7月20~21日, オンライン, EPP-22-082, SA-22-049, SP-22-017 (5 pages).
  29. 猪野健太,藤野貴康(筑波大学),田中康規(金沢大学),茂田正哉(東北大学),稲田優貴(埼玉大学),熊田亜紀子(東京大学):”疑似過渡回復電圧印加時のアークの乱流様挙動が熱的再発弧過程に与える影響,” 令和4年電気学会全国大会,2022年3月21日~3月23日,2022年3月22日,オンライン,6-050, (2 pages)
  30. 藤野貴康(筑波大学),仲安 陸(東京工業大学),佐々木 亮(筑波大学),奥野喜裕(東京工業大学):“大型非平衡ディスク形MHD発電機の基本仕様の入口全温度依存性,” 令和4年電気学会全国大会, 2022年3月21日~3月23日,2022年3月22日,オンライン,7-005, (1 page)
  31. 浅和幸樹(筑波大学),西山和哉,久保徳嗣,田中元史(産業技術総合研究所),藤野貴康(筑波大学):”DBDプラズマアクチュエータの誘電体表面温度と交流電圧印加に伴う入力エネルギーの関係,” 令和4年電気学会全国大会,2022年3月21日~3月23日,2022年3月22日,オンライン,7-003, (1 page)
  32. 田渕宏太朗, 藤野貴康(筑波大学):“MHD Heat Shield適用時の火星突入機周りCO2プラズマ流れの電磁流体特性,” 2021年度衝撃波シンポジウム, 2022年3月9〜11日, オンライン, 3A1-5, (7 pages).
  33. 茂田 正哉(東北大学), 田中 康規(金沢大学), 稲田 優貴(埼玉大学), 平野 雄一, 前出 裕亮(東京大学), 出村 文俊, 甲斐 広将(金沢大学), 藤野 貴康, 猪野 健太(筑波大学), 熊田 亜紀子(東京大学):“モデル遮断器における空気およびSF6アークプラズマの乱流的ダイナミクスの数値実験,” 第39回プラズマプロセシング研究会(SPP-39)/第34回プラズマ材料科学シンポジウム(SPSM34), 2022年01月26日, オンライン, LO26-AM-B-03, プロシーディング集, p.104-105.
  34. 佐々木亮,藤野貴康(筑波大学),高奈秀匡(東北大学),小林宏充(慶應義塾大学): “MHD相互作用下におけるTaylor-Couette流れの三次元数値シミュレーション,” 第35回数値流体力学シンポジウム, 2021年12月14〜16日,2021年12月14日,オンライン, B01-2, (2 pages). 
  35. 竹松俊彦・相良雄大・稲口隆(三菱電機)・藤野貴康(筑波大学):“縦磁界電極間に形成した真空アークの観測と電磁流体解析,” 電気学会 放電・プラズマ・パルスパワー/静止器/開閉保護 合同研究会, 2021年11月29~30日, オンライン, EPP-21-083, SP-21-024, HV-21-071 (5 pages) 2021.
  36. 明渡祐樹(筑波大学),久保田英志,Shahien Mohammed,鈴木雅人,明渡純(産業技術総合研究所),藤野貴康(筑波大学),篠田健太郎(産業技術総合研究所):”ハイブリッドエアロゾルデポジション法における粒子速度の計測,” 日本溶射学会第114回(2021年度秋季)全国講演大会, 2021年11月11日~12日, 2021年11月11日, オンライン, 104, pp. 7-8.
  37. 秋山佳穂,平井雄一朗,藤野貴康(筑波大学):”高周波誘導結合型プラズマ電熱型推進機の性能向上に向けた貯気槽形状の検討,” 第65回宇宙科学技術連合講演会, 2021年11月9日~12日, 2019年11月10日,オンライン,2L05,(6 pages).
  38. 藤野貴康,猪野健太(筑波大),茂田正哉(東北大),田中康規(金沢大),稲田優貴(埼玉大),熊田亜紀子(東京大): “CO2ガス吹き付けアークの減衰挙動に関する数値解析,” 日本機械学会第99期流体工学部門講演会, 2021年11月08日〜09日, 2021年11月08日, オンライン, OS08-01, (1page). 
  39. 仲安陸(東京工業大学),佐々木亮,藤野貴康(筑波大学),奥野喜裕(東京工業大学): “商用規模非平衡MHD発電機の出力調整幅に及ぼす印加磁束密度の効果,” 電気学会新エネルギー・環境研究会, 2021年9月13~14日, 2021年9月13日, オンライン, FTE-21-034, (6 pages). 
  40. 浅和幸樹(筑波大学),久保徳嗣,田中元史(産業技術総合研究所),藤野貴康(筑波大学): “翼周りの気流制御におけるDBDプラズマアクチュエータの放電特性,” 電気学会新エネルギー・環境研究会, 2021年9月13~14日, 2021年9月14日, オンライン, FTE-21-040, (6 pages). 
  41. 佐々木亮,藤野貴康(筑波大学),高奈秀匡(東北大学),小林宏充(慶應義塾大学): “層流条件下での同軸二重円筒型MHDエネルギー変換装置の発電特性に関する数値解析,” 電気学会新エネルギー・環境研究会, 2021年9月13~14日, 2021年9月14日, オンライン, FTE-21-041, (6 pages). 
  42. 猪野健太・藤野貴康(筑波大学)・吉野智之・前島啓・森正(東芝エネルギーシステムズ):“様々な消弧ガス中の磁気ロータリアーク特性に関する電磁流体解析,” 電気学会 放電・プラズマ・パルスパワー/静止器/開閉保護 合同研究会, 2021年7月7~8日, オンライン, EPP-21-076, SA-21-045, SP-21-017, (6pages).
  43. 浅和幸樹(筑波大学)・久保徳嗣(産業技術総合研究所)・藤野貴康(筑波大学)・田中元史(産業技術総合研究所):”高レイノルズ数翼周り流れに対するプラズマ気流制御法の予備実験,” 令和3年電気学会全国大会, 2021年3月9日〜11日, 2021年3月11日, オンライン, 7-006, (1 page).
  44. 佐々木 亮・坂本裕基・藤野貴康(筑波大学)・高奈秀匡(東北大学)・小林宏充(慶應義塾大学):”層流条件下での回転同軸二重円筒内MHD流れの三次元数値解析,” 令和3年電気学会全国大会, 2021年3月9日〜11日, 2021年3月11日, オンライン, 7-005, (1 page).
  45. 吉田航己・猪野健太・藤野貴康(筑波大学)・吉野智之・前島 啓・森 正(東芝エネルギーシステムズ):”外部磁界環境下での直流アーク挙動に関する三次元電磁流体解析と輻射解析の連成解析,” 令和3年電気学会全国大会, 2021年3月9日〜11日, 2021年3月9日, オンライン, 6-027, (1 page). 
  46. 藤野貴康(筑波大学):”非平衡MHD発電機の性能予測解析,” 電気学会新エネルギー・環境研究会, 2021年3月5日, オンライン, FTE-21-004, pp. 17-22. 
  47. 茂田 正哉(大阪大学),田中 康規(金沢大学),稲田 優貴(埼玉大学),菊池 諒,熊田 亜紀子(東京大学),藤野 貴康(筑波大学): “モデル遮断器における空気およびSF6アークプラズマの乱流的挙動の数値シミュレーション,” 日本機械学会第98期流体工学部門講演会, 2020年11月11日〜13日, 2020年11月12日, オンライン, OS08-06, (1page). 
  48. 吉田航己,藤野貴康(筑波大学),吉野智之,前島啓,森正(東芝エネルギーシステムズ): “外部印加磁界型CO2ガス遮断器の電磁流体解析と輻射解析の連成解析,” 電気学会放電・プラズマ・パルスパワー静止器/開閉保護合同研究会, 2020年9月28日〜29日, 2020年9月29日, オンライン, EPP-20-075,SA-20-087,SP-20-017, (6 pages). 
  49. 佐々木亮,藤野貴康(筑波大学),高奈秀匡(東北大学),小林宏充(慶應義塾大学): “MHD相互作用下での回転同軸二重円筒内層流の理論解析,” 電気学会新エネルギー・環境研究会, 2020年9月24~25日, 2020年9月25日, オンライン, FTE-20-013, pp. 37-42. 
  50. 吉田航己,藤野貴康(筑波大学),吉野智之,前島啓,森正(東芝エネルギーシステムズ):”CO2/O2混合ガス遮断器の消弧性能の混合比依存性に関する数値解析,” 令和2年 電気学会 電力・エネルギー部門大会, 2020年9月9日〜11日, 2020年9月11日, オンライン, 281, (2 pages). 
  51. 吉田航己,藤野貴康(筑波大学),吉野智之,前島啓,森正(東芝エネルギーシステムズ):”熱パッファ方式CO2ガス遮断器の熱プラズマシミュレーション,” 令和2年電気学会全国大会, 2020年3月11日〜13日, 2020年3月11日, 東京, 6-066, (1 page). 
  52. 佐々木亮,坂本裕基,伊藤創志,藤野貴康(筑波大学):”系統連系された商用規模非平衡MHD発電機のシード率制御による出力調整時の動特性,” 令和2年電気学会全国大会, 2020年3月11日〜13日, 2020年3月11日, 東京, 7-002, (1 page). 
  53. 坂本裕基,入江裕哉,佐々木亮,伊藤創志,藤野貴康(筑波大学):”商用規模非平衡MHD発電機の入口全温と発電性能の関係,” 令和2年電気学会全国大会, 2020年3月11日〜13日, 2020年3月11日, 東京, 7-003, (1 page). 
  54. 山内実緒子,藤野貴康(筑波大学):”ノズルの熱解析を含めた高周波誘導結合型プラズマ推進機の電磁流体解析,” 第63回宇宙科学技術連合講演会, 2019年11月6日~8日, 2019年11月7日, 徳島,2R15,(6 pages). 
  55. 伊藤創志,藤野貴康(筑波大学),奥野喜裕(東京工業大学):”電力系統へ接続された凍結希ガスプラズマMHD発電機の動特性,” 電気学会新エネルギー・環境研究会, 2019年9月19~20日, 2019年9月20日, 横浜, FTE-19-031, pp. 57-62. 
  56. 坂本裕基,伊藤創志,藤野貴康(筑波大学):”ブローダウン装置Fuji-1駆動非平衡MHD発電機に対する電磁流体シミュレーションと実験の比較,” 電気学会新エネルギー・環境研究会, 2019年9月19~20日, 2019年9月19日, 横浜, FTE-19-024, pp. 23-28. 
  57. 吉田航己,藤野貴康(筑波大学),吉野智之,小川慧,森正(東芝エネルギーシステムズ):”CO2/O2混合ガス遮断器における輻射熱流束の振舞いに関する数値解析,” 放電・プラズマ・パルスパワー/静止器/開閉保護合同研究会, 2019年7月23~24日, 2019年7月24日, つくば, EPP-19-076, SA-19-043, SP-19-012, pp. 65-70. 
  58. 松本光,藤野貴康(筑波大学), 鈴木雅人(産業技術総合研究所):”1 kW級直流プラズマトーチにおける外部磁場と溶射皮膜の関係,” 日本溶射学会第109回(2019年度春季)全国講演大会, 2019年6月12日~13日, 2019年6月13日, 大阪, 201. 
  59. 藤野貴康, 松本光(筑波大学):”溶射用磁界印加型小電力プラズマトーチの特性把握,” 平成31年電気学会全国大会, 2019年3月12日〜14日, 2019年3月12日, 北海道, 1-127, (1 page). 
  60. 伊藤創志, 藤野貴康(筑波大学), 奥野喜裕(東京工業大学):”Heを作動気体とする凍結希ガスプラズマMHD発電機の流路形状に関する数値解析的検討,” 平成31年電気学会全国大会, 2019年3月12日〜14日, 2019年3月12日, 北海道, 7-007, (1 page). 
  61. 藤野貴康(筑波大学):”大電流遮断用ガス遮断器のCAE技術としての利用を目指した電磁流体シミュレーション技術の構築,” プラズマ・核融合学会第35回年会, 2018年12月3~6日, 2018年12月3日, 大阪大学吹田キャンパス, 3Cp01(2 pages). 
  62. 松本光, 齋藤宏輝, 前島啓(筑波大学), 鈴木雅人(産業技術総合研究所), 藤野貴康(筑波大学):”外部磁場印加型低電力直流プラズマトーチで生成された回転プラズマジェットの動特性,” 日本溶射学会 第108回(2018年度秋季)全国講演大会, 2018年11月20, 21日, 2018年11月20日, 愛知, 101. 
  63. 齋藤宏輝, 松本光,前島啓,藤野貴康(筑波大学):”外部磁界印加型カスケードプラズマトーチのアーク挙動に及ぼすガス流量の影響,” 日本溶射学会 第108回(2018年度秋季)全国講演大会, 2018年11月20, 21日, 2018年11月20日, 愛知, P-7. 
  64. 坂本裕基,伊藤創志,藤野貴康(筑波大学):”非平衡MHD発電機の性能に及ぼす乱流の影響,” 平成30年度 電気学会東京支部茨城支所研究発表会, 2018年11月17日, 茨城, IBK-18-068. 
  65. 能崎航太朗,藤野貴康(筑波大学):”MHD Flow Controlにおけるホール効果を考慮した電磁流体場の過渡応答特性,” 第62回宇宙科学技術連合講演会, 2018年10月24日~26日, 2018年10月25日, 福岡, 2F16. 
  66. 山内実緒子,藤野貴康(筑波大学):”実験と数値解析による高周波プラズマ推進機の高性能化に向けた推進剤の検討,” 第62回宇宙科学技術連合講演会, 2018年10月24日~26日, 2018年10月25日, 福岡,2E20. 
  67. 齋藤宏輝,松本光,前島啓,藤野貴康(筑波大学):”1kW級外部磁場印加型カスケードプラズマトーチの動作特性,” 日本機械学会2018年度年次大会, 2018年9月9日〜12日, 2018年9月11日, 大阪,J0440005, (3 pages). 
  68. 伊藤創志,藤野貴康(筑波大学),奥野喜裕(東京工業大学):”アルゴンの二原子イオンの生成と消滅がFIP MHD発電機の性能に及ぼす影響,”電気学会新エネルギー・環境研究会,2018年9月6,7日,2018年9月6日,東京,FTE-18-041,pp. 19-24. 
  69. 松本光,前島啓,齋藤宏輝,藤野貴康(筑波大学):”外部磁界を印加した小電力直流プラズマトーチのアーク特性,”電気学会新エネルギー・環境研究会,2018年9月6,7日,2018年9月6日,東京,FTE-18-046,pp. 49-54. 
  70. 齋藤宏輝, 松本光,前島啓,藤野貴康(筑波大学):”数kW級外部磁場印加型カスケードプラズマトーチの電流・電圧特性,” 日本溶射学会 第107回(2018年度春季)全国講演大会, 2018年6月6, 7日, 2017年6月7日, 大阪, 208, pp. 37-38. 
  71. 松本光, 前島啓, 齋藤宏輝, 藤野貴康(筑波大学):”外部磁界印加型直流プラズマトーチのアーク電圧計測とアーク挙動の可視化,” 平成30年電気学会全国大会, 2018年3月14日〜16日, 2018年3月16日, 福岡, 1-145, (1 page). 
  72. 前島啓, 松本光, 齋藤宏輝, 藤野貴康(筑波大学):”数kW級非移行式直流プラズマトーチのアーク電圧とアークジェット長の関係,” 平成30年電気学会全国大会, 2018年3月14日〜16日, 2018年3月16日, 福岡, 1-146, (1 page). 
  73. 山内実緒子,門脇俊樹,藤野貴康 (筑波大学):”誘導結合型高周波プラズマ推進機の推進性能に関する実験および数値解析,” 平成29年度 宇宙輸送シンポジウム,2018年1月19日,相模原,STEP-2017-061. 
  74. 関根一貴,高橋徹,藤野貴康(筑波大学),後藤隆弘,花岡亮,田村雅人(株式会社IHI):”様々なシード率およびダイアゴナル角における水素燃焼ガスMHD発電機の数値解析,”電気学会新エネルギー・環境研究会,2017年9月14,15日,2017年9月14,滋賀,FTE-17-019,pp. 19-24. 
  75. 伊藤創志,市川拓,藤野貴康(筑波大学),奥野喜裕(東京工業大学):”共鳴遷移の光学的厚さを考慮した衝突・輻射モデルによるFIP MHD発電機の数値解析,”電気学会新エネルギー・環境研究会,2017年9月14,15日,2017年9月14,滋賀,FTE-17-018,pp. 13-18. 
  76. 市川拓,高橋徹,藤野貴康(筑波大学):”電圧形インバータを用いた非平衡ディスク形MHD発電機の系統連系に関する検討,”電気学会新エネルギー・環境研究会,2017年9月14,15日,2017年9月14,滋賀,FTE-17-017,pp.7-12. 
  77. 垂石早紀,藤野貴康(筑波大学),吉野智之,森正(東芝):”外部磁界を印加した熱パッファガス遮断器の昇圧過程に関する電磁流体解析,”平成29年電気学会電力・エネルギー部門大会, 2017年9月5日~7日,2017年9月7日,東京,48,(6pages). 
  78. 市川拓,高橋徹,藤野貴康(筑波大学):”系統連系用電圧形インバータシステムを負荷とした非平衡ディスク形MHD発電機の電磁流体挙動,”平成29年電気学会電力・エネルギー部門大会, 2017年9月5日~7日,2017年9月5日,東京,205,(2pages). 
  79. 神津俊介, 藤野貴康(筑波大学), 吉野智之, 森正(東芝):”CO2ガス吹き付けアークの輻射解析モデルの検討 ,”放電・静止器・開閉保護合同研究会, 2017年7月19, 20日, 2017年7月20日, 名古屋,ED-17-72 SA-17-047 SP-17-013, pp. 67-72. 
  80. 齋藤宏輝, 前島啓,藤野貴康(筑波大学):”アルゴン/ヘリウムガスを用いた1kW級プラズマトーチの電流・電圧特性,”日本溶射学会 第105回(2017年度春季)全国講演大会, 2017年6月29, 30日, 2017年6月29日, 大阪, 104, pp. 7-8. 
  81. 能崎航太朗,藤野貴康(筑波大学):“MHD Flow Control環境下での電磁流体場の過渡応答特性”,第49回流体力学講演会/第35回航空宇宙数値シミュレーション技術シンポジウム,2017年6月28,29,30日,2017年6月29日,東京,JSASS-2017-2074-A, (7 pages). 
  82. 前島啓, 齋藤宏輝, 鈴木琢矢, 藤野貴康(筑波大学):”非移行式直流プラズマトーチの電流・電圧特性,” 平成29年電気学会全国大会, 2017年3月15日〜17日, 2017年3月17日, 富山, 1-170, (1 page). 
  83. 関根一貴, 市ノ木山大輝, 高橋徹,藤野貴康(筑波大学), 後藤隆弘,花岡亮,田村雅人(株式会社IHI): “準一次元解析によるアンモニア燃焼ガスMHD発電機の性能予測,” 電気学会全国大会, 2017年3月15〜17日, 2017年3月17日, 富山, 7-007, (1 page). 
  84. 坂井智春, 矢田部優樹, 藤野貴康(筑波大学), 吉野智之, 河野広道, 森 正(東芝):”CO2アークプラズマの輻射輸送解析に用いるHybrid平均吸収係数の提案,” 電気学会全国大会, 2017年3月15〜17日, 2017年3月16日, 富山, 6-004, (1 page). 
  85. 神津俊介, 坂井智春, 矢田部優樹, 藤野貴康(筑波大学), 吉野智之, 河野広道, 森正(東芝):”CO2 ガス吹き付けアーク特性に与える輻射の吸収の効果,” 平成29年電気学会全国大会, 2017年3月15〜17日, 2017年3月15日, 富山, 6-055, (1 page). 
  86. 菊地昂, 藤野貴康(筑波大学), 瀬川武彦(産業技術総合研究所): “電圧立ち上がり勾配がプラズマアクチュエータ誘起噴流の流動特性および消費電力特性に与える影響,” 平成29年電気学会全国大会, 2017年3月15〜17日, 2017年3月15日, 富山, 1-078,(1 page). 
  87. 能崎航太朗,今村優佑,飯島暢郎,藤野貴康(筑波大学): ”惑星突入時の熱防御におけるMHD技術の応用”,平成28年度 RISH電波科学計算機実験(KDK)シンポジウム,2017年3月14~15日,2017年3月15日,京都. 
  88. 飯島暢郎,藤野貴康(筑波大学),”火星突入時のMHD Flow Controlと輻射加熱の関係”,平成28年度衝撃波シンポジウム,2017年3月10日,横須賀,3B1-3,(6 pages). 
  89. 藤野貴康:「プラズマ電磁流体シミュレーションの工学応用」 2016年度放電学会若手セミナー特別講演,2016年11月25日,川崎. 
  90. 神津俊介, 坂井智春, 矢田部優樹, 藤野貴康(筑波大学), 田中康則(金沢大学):”SF6 代替ガス吹付けアークの輻射の吸収を考慮した電磁流体解析,” 2016年度放電学会年次大会, 2016年11月26日, 横浜, P-8, (2 pages). 
  91. 前島啓,齋藤宏輝,藤野貴康(筑波大学):“プラズマトーチノズル形状のアーク電圧に及ぼす影響,”2016年度放電学会年次大会,2016年11月26日,横浜,P-4,(2 pages). 
  92. 鈴木琢矢, 齋藤宏輝, 藤野貴康(筑波大学), 鈴木雅人(産業技術総合研究所): “溶射用プラズマジェットに及ぼす軸方向投入サスペンションの与える影響,” 2016年度放電学会年次大会, 2016年11月26日, 2016年11月26日, 横浜, 3-6, (2 pages). 
  93. 鈴木琢矢, 齋藤宏輝, 藤野貴康(筑波大学), 鈴木雅人(産業技術総合研究所):”アキシャルフィード型SPSにおけるプラズマ-サスペンション間の相互作用の影響,”日本溶射学会 第104回(2016年度秋季)全国講演大会, 2016年11月17, 18日, 2016年11月18日, 北九州, 201, pp.35-36. 
  94. 齋藤宏輝, 藤野貴康(筑波大学), Javad Mostaghimi(トロント大学):”プラズマジェット中の飛行粒子に及ぼす電圧変動周期の影響,”日本溶射学会 第104回(2016年度秋季)全国講演大会, 2016年11月17, 18日, 2016年11月18日, 北九州, 209, pp.51-52. 
  95. 垂石早紀,矢田部優樹,藤野貴康(筑波大学),吉野智之(東芝):”外部磁界印加中のノズル内回転アークの消弧過程における熱輸送特性の解析,” 電気学会新エネルギー・環境研究会,2016年11月11日,日立,FTE-16-046,(6 pages). 
  96. 市ノ木山大輝, 藤野貴康(筑波大学): “スワールベーンを備えた非平衡 ディスク形MHD発電機内の電磁流体挙動,” 電気学会新エネルギー・環境研究会, 2016年11月11日, 日立, FTE-16-041, (6 pages). 
  97. 飯島暢郎, 藤野貴康(筑波大学): “火星突入環境下でのMHD Flow Controlに関する電磁流体と突入軌道の連成解析,”第60回宇宙科学技術連合講演会, 2016年9月6日〜9日, 2016年9月6日, 北海道, JSASS-2016-4053,(6 pages). 
  98. 藤野貴康(筑波大学),岩尾徹(東京都市大学),茂田正哉(大阪大学),田中康規(金沢大学),窪田健一(宇宙航空研究開発機構): “高エンタルピープラズマの数値シミュレーション,” 応用物理学会プラズマエレクトロニクス分科会第23回新領域研究会・電気学会プラズマ研究会, 2016年8月8日, 大阪, (電気学会研究会資料として No. PST-16-052, pp. 37-42). 
  99. 鈴木琢矢, 齋藤宏輝, 藤野貴康(筑波大学), 鈴木雅人(産業技術総合研究所):”アキシャルフィード型サスペンションプラズマスプレーの数値シミュレーション,”日本溶射学会 第103回(2016年度春季)全国講演大会, 2016年6月7, 8日, 2016年6月8日, 大阪, 202, pp.27-28. 
  100. 中根悠介, 齋藤宏輝, 藤野貴康(筑波大学), 高奈秀匡(東北大学): “CO2とCH4の混合ガスにおける熱プラズマの熱力学的特性および輸送特性,” 電気学会全国大会, 2016年3月16〜18日, 2016年3月17日, 仙台, 1-062, (1 page). 
  101. 鈴木琢矢, 齋藤宏輝, 中根悠介, 藤野貴康(筑波大学): “サスペンションプラズマ溶射での粒子軌道に及ぼす投入電流の影響,” 電気学会全国大会, 2016年3月16〜18日, 2016年3月17日, 仙台, 1-066, (1 page). 
  102. 高橋力也, 藤野貴康(筑波大学), 奥野喜裕(東京工業大学): “凍結希ガスプラズマMHD発電機の数値解析への応用に向けた衝突・輻射モデルの簡略化,” 電気学会全国大会, 2016年3月16〜18日, 2016年3月18日, 仙台, 7-004, (1 page). 
  103. 市ノ木山大輝, 藤野貴康(筑波大学): “スワールベーンを備えた非平衡MHD発電機の数値計算,” 電気学会全国大会, 2016年3月16〜18日, 2016年3月18日, 仙台, 7-005, (1 page). 
  104. 岩崎雄磨, 門脇俊樹, 藤野貴康(筑波大学): “H2を用いた高周波誘導結合型プラズマ推進機におけるエネルギーバランスの評価,” 電気学会全国大会, 2016年3月16〜18日, 2016年3月18日, 仙台, 1-090, (1 page). 
  105. 垂石早紀, 矢田部優樹, 藤野貴康(筑波大学), 吉野智之(東芝 電力システム社): “外部磁界印加中のノズル内回転アークの消弧過程に関する軸対称二次元解析,” 電気学会全国大会, 2016年3月16〜18日, 2016年3月18日, 仙台, 6-005, (1 page). 
  106. 村井康佑, 中野智之, 田中康規, 上杉喜彦, 石島達夫(金沢大学), 藤野貴康(筑波大学), 富田健太郎(九州大学), 鈴木克己(東京電機大学), 白石竜朗, 清水陽大(九州大学): “乱流κ-εモデルを用いたSF6およびCO2ガス吹付けアークの電磁熱流体解析,” 電気学会全国大会, 2016年3月16〜18日, 2016年3月18日, 仙台, 6-038, (1 page). 
  107. 鈴木大樹, 藤野貴康(筑波大学), 松沼孝幸, 瀬川武彦(産総研): “流体機械への実装に向けたプラズマアクチュエータの開発,” 日本機械学会流体工学部門プラズマアクチュエータ研究会第3回シンポジウム, 2015年12月4, 5日, 2015年12月4日, 鳥取, PA3-PO1. 
  108. 鈴木大樹(筑波大), 湯木泰親(産総研), 藤野貴康(筑波大), 瀬川武彦(産総研): “ひも型プラズマアクチュエータを用いた翼周りの流れの能動制御,” 日本機械学会第93期流体工学部門講演会, 2015年11月7, 8日, 2015年11月8日, 東京, 0617, (5pages). 
  109. 白石竜朗, 清水陽大, 富田健太郎, 内野喜一郎(九州大学), 村井康佑, 中野智之, 田中康規(金沢大学), 鈴木克己(東京電機大学), 藤野貴康(筑波大学): “ノズル内CO2ガス吹付けアークのトムソン散乱計測,” 電気学会放電/開閉保護/高電圧合同研究会, 2015年11月4〜5日, 2015年11月4日, 姫路, ED-15-105, SP-15-029, HV-15-071, 
  110. 村井康佑, 中野智之, 田中康規, 上杉喜彦, 石島達夫(金沢大学), 鈴木克己(東京電機大学), 白石竜朗, 清水陽大, 富田健太郎(九州大学), 藤野貴康(筑波大学): “ノズル空間内における各種ガスの軸方向吹付けアーク減衰過程の流速依存性,” 電気学会放電/開閉保護/高電圧合同研究会, 2015年11月4〜5日, 2015年11月4日, 姫路, ED-15-105, SP-15-029, HV-15-071, 
  111. 矢田部優樹, 藤野貴康(筑波大学), 吉野智之, 小川慧(東芝): “外部磁界印加型CO2モデルガス遮断器の三次元電磁流体シミュレーション,” 電気学会放電/開閉保護/高電圧合同研究会, 2015年11月4〜5日, 2015年11月4日, 姫路, ED-15-132, SP-15-056, HV-15-098, (6pages). 
  112. 岩崎雄磨, 藤野貴康(筑波大学): “高周波誘導結合型プラズマ推進機におけるコイル条件が推進性能に与える影響,” 電気学会新エネルギー・環境研究会, 2015年9月29, 30日, 2015年9月29日, 横浜, FTE-15-043, pp. 41-46. 
  113. 高橋力也, 藤野貴康(筑波大学),奥野喜裕(東京工業大学): “衝突・輻射モデルによる凍結機ガスプラズマMHD発電機のプラズマ電離・再結合過程の数値解析,” 電気学会新エネルギー・環境研究会, 2015年9月29, 30日, 2015年9月30日, 横浜, FTE-15-045, pp. 53-58. 
  114. 益田克己, 藤野貴康(筑波大学): “ホール効果を考慮したMHD Flow Controlの三次元電磁流体シミュレーション,” 電気学会新エネルギー・環境研究会, 2015年9月29, 30日, 2015年9月30日, 横浜, FTE-15-046, pp. 59-64. 
  115. 高橋知之, 益田克己, 藤野貴康(筑波大学): “MHD Flow Controlを利用した火星突入機の飛行特性,” 電気学会新エネルギー・環境研究会, 2015年9月29, 30日, 2015年9月30日, 横浜, FTE-15-047, pp. 65-70. 
  116. 鈴木大樹, 藤野貴康(筑波大), 瀬川武彦(産総研): “ターボ機械に実装可能なプラズマアクチュエータの開発,” 電気学会新エネルギー・環境研究会, 2015年9月29, 30日, 2015年9月30日, 横浜, FTE-15-050, pp. 83-86. 
  117. 鈴木大樹, 藤野貴康(筑波大), 湯木泰親, 瀬川武彦(産総研): “プラズマアクチュエータを用いたGurney Flap効果による翼周りの流れの能動制御,” 日本機械学会2015年次大会, 2015年9月13, 14, 15, 16日, 札幌, 2015年9月16日, S0530401 (5pages). 
  118. 藤野貴康(筑波大学): “電磁流体力学を応用した将来型エネルギー・航空宇宙技術,” 日本機械学会2015年度年次大会 ワークショップ「機能性流体を基盤としたフロンティア流体工学への新展開」, 札幌, 9月16日, 2015. 
  119. 垂石早紀, 矢田部優樹, 藤野貴康(筑波大学), 田中康規(金沢大学), 富田健太郎(九州大学), 鈴木克己(東京電機大学):”数値解析による各種代替ガス環境下でのノズル内アークの特性把握,” 放電・静止器・開閉保護合同研究会, 2015年7月8, 9日, 2015年7月8日, 名古屋, ED-15-63 SA-15-62 SP-15-15 , pp.25-30. 
  120. 矢田部優樹, 藤野貴康(筑波大学), 吉野智之, 小川慧, 河野広道, 森正(東芝):”ダブルフロー型とシングルフロー型ガス遮断器のアーク消弧過程の比較,”放電・静止器・開閉保護合同研究会, 2015年7月8, 9日, 2015年7月9日, 名古屋,ED-15-72 SA-15-71 SP-15-24 , pp.73-78. 
  121. 村井康佑, 中野智之, 田中康規, 上杉喜彦, 石島達夫(金沢大学), 鈴木克己(東京電機大学), 白石竜朗, 清水陽大, 富田健太郎(九州大学), 藤野貴康(筑波大学):”ノズル空間内における各種ガス吹付けアーク減衰過程の電磁熱流体解析および実験的検討,” 放電・静止器・開閉保護合同研究会, 2015年7月8, 9日, 2015年7月8日, 名古屋, ED-15-64 SA-15-63 SP-15-16 , pp.31-36. 
  122. 益田克己, 下澤雄太, 藤野貴康(筑波大学): “迎角再突入時でのMHD Flow Controlに与えるホール効果の影響,” 第47回流体力学講演会/第33回航空宇宙数値シミュレーション技術シンポジウム, 2015年7月2, 3日, 2015年7月3日, 東京, JSASS-2015-2088 (9 pages). 
  123. 下澤雄太, 益田克己, 藤野貴康(筑波大学): “多様な飛行速度域でのMHD Flow Controlに及ぼすホール効果の影響,” 第47回流体力学講演会/第33回航空宇宙数値シミュレーション技術シンポジウム, 2015年7月2, 3日, 2015年7月3日, 東京, JSASS-2015-2089 (8 pages). 
  124. 高橋知之, 益田克己, 下澤雄太, 藤 野貴康(筑波大学): “火星突入におけるMHDパラシュート効果を適用した熱防御に関する数値解析,” 第47回流体力学講演会/第33回航空宇宙数値シミュレーション技術シンポジウム, 2015年7月2, 3日, 2015年7月3日, 東京, JSASS-2015-2090 (8 pages). 
  125. 富田健太郎, 清水陽大, 内野喜一郎(九州大学), 村井康佑, 中野智之, 田中康規(金沢大学), 藤野貴康(筑波大学), 鈴木克己(東京電機大学): “トムソン散乱によるノズル内ガス吹付けアーク減衰過程研究,” 平成27年電気学会全国大会, 2015年3月24〜26日, 2015年3月25日, 東京, 6-004, 2015. 
  126. 村井康佑, 中野智之, 田中康規, 上杉喜彦, 石島達夫(金沢大学), 藤野貴康(筑波大学),富田健太郎(九州大学), 鈴木克己(東京電機大学): “ノズル空間内における各種ガス吹付けアーク減衰過程の電磁熱流体解析,” 平成27年電気学会全国大会, 2015年3月24〜26日, 2015年3月25日, 東京, 6-005, 2015. 
  127. 吉野智之, 小川慧, 森正, 河野広道(東芝), 矢田部優樹, 竹松俊彦, 藤野貴康(筑波大学): “ガス遮断器内のアーク放電に及ぼす2方向ガス流れの影響,” 平成27年電気学会全国大会, 2015年3月24〜26日, 2015年3月25日, 東京, 6-006, 2015. 
  128. 北田浩平, 藤野貴康(筑波大学): “H2・CO燃焼ガス及びCH4燃焼ガスを作動流体とした分割ファラデー形小型MHD発電機の三次元数値解析,” 平成27年電気学会全国大会, 2015年3月24〜26日, 2015年3月26日, 東京, 7-001, 2015. 
  129. 山崎義弘, 藤野貴康(筑波大学): “強いホール効果の影響下における外部磁場印加型MPDスラスタの電磁流体シミュレーション,” 平成27年電気学会全国大会, 2015年3月24〜26日, 2015年3月26日, 東京, 1-087, 2015. 
  130. 矢田部優樹, 竹松俊彦, 藤野貴康(筑波大学), 田中康規(金沢大学), 富田健太郎(九州大学), 鈴木克己(東京電機大学): “代替ガス環境下でのノズル内アークの熱的消弧過程に関する数値解析 ,” 平成27年電気学会全国大会, 2015年3月24〜26日, 2015年3月24日, 東京, 6-029, 2015. 
  131. 益田克己, 高橋知之, 下澤雄太, 藤野貴康(筑波大学): “MHD技術を利用した再突入プラズマ流れの能動的制御に関する3次元電磁流体シミュレーション,” 平成26年度 RISH電波科学計算機実験(KDK)シンポジウム, 2015年3月9〜10日, 2015年3月9日, 京都. 
  132. 齋藤宏輝, 中根悠介, 藤野貴康(筑波大学):”外部磁場印加型大気圧プラズマ溶射の電磁流体シミュレーション, “第10回新エネルギー技術シンポジウム, 2014年11月27日, 郡山, P-06. 
  133. 市ノ木山大輝, 藤野貴康(筑波大学): “入口スワールを持つ商用規模非平衡MHD発電機の発電性能に及ぼす作動気体の影響,” 電気学会新エネルギー・環境研究会, 2014年11月26日, 郡山, FTE-14-37, pp. 17-22. 
  134. 竹松俊彦, 矢田部優樹, 藤野貴康(筑波大学): “ラバルノズルにおけるSF6-CO2混合ガス中アークの熱的消弧過程に関する数値解析,” 電気学会新エネルギー・環境研究会, 2014年11月26日, 郡山, FTE-14-41, pp. 41-46. 
  135. 加藤隆寛, 岩崎雄磨, 藤野貴康(筑波大学), 船木一幸 (宇宙航空研究開発機構) : “高周波誘導結合型プラズマ推進機の推力計測および発光分光計測,” Plasma Conference 2014, 2014年11月18〜21日, 2014年11月19日, 新潟, 19pD2-4. 
  136. 高橋知之, 下澤雄太, 益田克己, 藤野貴康(筑波大学) : “火星へのDirect EntryにおけるMHD Flow Controlの適用可能性の検討 ,” 第58回宇宙科学技術連合講演会, 2014年11月12〜14日, 2014年11月12日, 長崎, JSASS-2014-4255. 
  137. 下澤雄太, 藤野貴康(筑波大学) : “超軌道再突入環境下でのMHD Flow Controlの有効性に及ぼす印加磁束密度および再突入角度の影響 ,” 第58回宇宙科学技術連合講演会, 2014年11月12〜14 日, 2014年11月13日, 長崎, JSASS-2014-4493. 
  138. 下澤雄太, 益田克己, 藤野貴康(筑波大学): “MHDパラシュート効果による超軌道再突入環境下の空力加熱低減の可能性,” 第46回流体力学講演会/第32回航空宇宙数値シミュレーション技術シンポジウム, 2014年7月3, 4日, 2014年7月3日, 弘前, JSASS-2014-2016. 
  139. 竹松俊彦, 藤野貴康(筑波大学): “外部磁界印加型CO2モデルガス遮断器の消弧過程に与える印加磁束密度および封入圧力の影響,” 放電・静止器・開閉保護合同研究会, 2014年6月9〜10日, 2014年6月9日, 金沢, ED-14-062 SA-14-049 SP-14-018, pp. 25-30. 
  140. 齋藤晴樹, 藤野貴康(筑波大学): “商用規模非平衡MHD発電機の発電性能に及ぼす入り口スワール比と印加磁束密度の影響,” 平成26年電気学会全国大会, 2014年3月18〜20日, 2014年3月20日, 松山, 7-022. 
  141. 竹松俊彦, 平山智士, 藤野貴康(筑波大学), 吉野智之, 小川慧, 森正(東芝) : “異なる印加磁界環境下におけるモデルガス遮断器内のCO2アークプラズマ挙動,” 平成26年電気学会全国大会, 2014年3月18〜20日, 2014年3月20日, 松山, 6-288. 
  142. 下澤雄太, 藤野貴康(筑波大学) : “MHD Flow Control の抗力増大効果に与える磁場配位と飛行体形状の影響,” 平成25年度衝撃波シンポジウム, 2014年3月6〜8日, 2014年3月6日, 相模原, 1B1-1. 
  143. 伊東浩介, 藤野貴康(筑波大学), 前田哲彦(産総研) : “定常法を用いた水素吸臓合金の熱伝導率計測,” 第9回新エネルギー技術シンポジウム, 2014年3月6日, つくば, P-20. 
  144. 市ノ木山大輝, 齋藤晴樹, 藤野貴康(筑波大学) : “入口スワールを導入した商用規模非平衡Ar/Csディスク形MHD発電機の定常二次元電磁流体解析による形状設計,” 第9回新エネルギー技術シンポジウム, 2014年3月6日, つくば, P-02. 
  145. 岩崎雄磨, 加藤隆寛, 藤野貴康(筑波大学), 船木一幸 (宇宙航空研究開発機構) : “高周波誘導結合型プラズマ推進機における推進剤と推進性能の関係,” 平成25年度宇宙輸送シンポジウム, 2014年1月17日,相模原, STEP-2013-092.
  146. 伊東浩介, 藤野貴康(筑波大学), 前田哲彦(産総研) : “定常熱流法を用いた水素吸蔵合金の熱特性計測,” 機械学会熱工学コンファレンス2013, 2013年10月19日,弘前, F131, p. 181.
  147. 下澤雄太, 藤野貴康(筑波大学) : “MHD Flow Controlの効果と再突入環境の関係 ,” 第57回宇宙科学技術連合講演会, 2013年10月9〜11日, 2013年10月10日, 米子, JSASS-2013-4712. 
  148. 益田克己,下澤雄太, 藤野貴康(筑波大学) : “超軌道再突入におけるMHD Flow Controlの再突入軌道と空力加熱に及ぼす影響 ,” 第57回宇宙科学技術連合講演会, 2013年10月9〜11日, 2013年10月10日, 米子, 2H13. 
  149. 加藤隆寛,岩ア雄磨, 藤野貴康(筑波大学),船木一幸(JAXA) : “高周波誘導結合型プラズマ推進器の予備実験 ,” 第57回宇宙科学技術連合講演会, 2013年10月9〜11日, 2013年10月10日, 米子, 2B09. 
  150. 竹松俊彦, 平山智士, 藤野貴康, 石川本雄(筑波大学)小川慧, 森正(東芝) : “外部磁界印加型ガス遮断機におけるCO2ガスとSF6ガスの熱輸送特性の比較,” 電気学会新エネルギー・環境研究会, 2013年9月26日, 長岡, FTE-13-34, pp. 65-70. 
  151. 玉田嘉彦, 藤野貴康, 石川本雄(筑波大学): “磁界の3次元成分を考慮した極超音速航空機搭載用矩形DCW-MHD発電機の数値解析,” 電気学会新エネルギー・環境研究会, 2013年9月26日, 長岡, FTE-13-21, pp. 17-22. 
  152. 渡辺洋, 藤野貴康, 石川本雄(筑波大学): “ファラデー形とダイアゴナル形を複合した商用規模MHD発電機の数値解析,” 電気学会新エネルギー・環境研究会, 2013年9月26日, 長岡, FTE-13-21, pp. 7-12. 
  153. 齋藤晴樹, 藤野貴康, 石川本雄(筑波大学): “入口スワールを導入した商用規模非平衡MHD発電機における発電流路形状の設計手法の検討,” 電気学会新エネルギー・環境研究会, 2013年9月27日, 新潟, FTE-13-041, pp. 35-41. 
  154. 下澤雄太,藤野貴康(筑波大学):”低周回軌道再突入と超軌道再突入環境下でのMHD Flow Controlの効果,” 第45回流体力学講演会/航空宇宙数値シミュレーション技術シンポジウム2013, 2013年7月4,5日, 2013年7月4日, 東京, JSASS-2013-2056-F/A. 
  155. 平山智士, 藤野貴康, 石川本雄(筑波大学), 森正, 河野宏道(東芝) : “ロータリアークプラズマに与える誘導磁界の影響,” 放電・静止器・開閉保護合同研究会, 2013年6月24,25日, 2013年6月24日, 那覇, ED-13-066 SA-13-039 SP-13-011, pp. 11-16. 
  156. 竹松俊彦, 平山智士, 藤野貴康, 石川本雄(筑波大学)小川慧, 森正(東芝) : “外部磁界印加型ガス遮断器におけるCO2アークの熱輸送特性,” 放電・静止器・開閉保護合同研究会, 2013年6月24,25日, 2013年6月24日, 那覇, ED-13-065 SA-13-038 SP-13-010, pp. 5-10. 
  157. 藤野貴康, 竹松俊彦, 平山智士, 石川本雄(筑波大学) : “SF6/CO2混合ガス環境下でのPost Arcの電磁流体シミュレーション, “平成25年電気学会全国大会, 2013年3月20〜22日, 2013年3月22日, 名古屋, 6-224. 
  158. 加藤隆寛, 藤野貴康(筑波大学), 船木一幸(宇宙航空研究開発機構) : “HeおよびArを用いた場合の誘導結合型プラズマ推進器の推進性能の比較,” 平成25年電気学会全国大会, 2013年3月20〜22日, 2013年3月20日, 名古屋, 1-185. 
  159. 竹松俊彦, 平山智士, 藤野貴康, 石川本雄(筑波大学), 小川慧, 森正(東芝) : “外部磁界印加型ガス遮断器におけるCO2およびSF6アークプラズマ挙動の比較,” 平成25年電気学会全国大会, 2013年3月20〜22日, 2013年3月21日, 名古屋, 6-189. 
  160. 渡辺洋, 藤野貴康, 石川本雄(筑波大学) : “石炭を燃料とするCO2液化回収方式MHD発電システムの基礎的検討 ,” 電気学会新エネルギー・環境研究会, 2013年3月8日, つくば, FTE-13-014, pp. 31-36. 
  161. 箭内進太郎, 渡辺洋,石川 本雄, 藤野貴康(筑波大学) : “電磁力ディフューザーを用いた商用規模ファラデー形MHD発電機の動作特性解析 ,” 電気学会新エネルギー・環境研究会, 2013年3月8日, つくば, FTE-13-013, pp. 25-30. 
  162. 北田浩平, 渡辺洋,丹羽直之, 藤野貴康,石川本雄(筑波大学) : “パイロットプラントオープンサイクルMHD発電機の予備的設計及び多次元解析 ,” 電気学会新エネルギー・環境研究会, 2013年3月8日, つくば, FTE-13-012, pp. 19-24. 
  163. 丹羽直之, 藤野貴康, 石川本雄(筑波大学) : “シード剤供給停止時における航空機搭載用DCW-MHD発電機の過渡応答解析 ,” 電気学会新エネルギー・環境研究会, 2013年3月8日, つくば, FTE-13-011, pp. 13-18. 
  164. 丹羽直之, 藤野貴康, 石川本雄(筑波大学) : “楕円断面を持つ実規模スクラムジェットエンジン駆動DCW-MHD発電機の三次元解析 ,” 電気学会新エネルギー・環境研究会, 2013年3月8日, つくば, FTE-13-010, pp. 7-12. 
  165. 玉田嘉彦, 丹羽 直之,藤野貴康, 石川本雄(筑波大学): “スクラムジェットエンジン駆動矩形DCW-MHD発電機の断面形状が発電性能と電磁流体挙動に与える影響 ,” 電気学会新エネルギー・環境研究会, 2013年3月8日, つくば, FTE-13-009, pp. 1-6. 
  166. 平山智士,藤野貴康,石川本雄(筑波大学),川崎圭,小川慧,森正(東芝) : “電力用ガス遮断器の熱的遮断性能に与える外部印加磁界の影響 ,” 第8回新エネルギー技術シンポジウム, 2013年3月7日, つくば, P-06. 
  167. 齋藤晴樹, 濱口裕輝, 藤野貴康, 石川本雄(筑波大学): “二次元数値計算による商用規模非平衡MHD発電機の発電流路形状の検討 ,” 第8回新エネルギー技術シンポジウム, 2013年3月7日, つくば, P-04. 
  168. 伊東浩介, 藤野貴康(筑波大学), 前田哲彦(産業技術総合研究所): “TiFe系水素吸蔵合金のPCT曲線のフィッティングおよび熱特性計測の検討 ,” 第8回新エネルギー技術シンポジウム, 2013年3月7日, つくば, P-02. 
  169. 松岡健之(宇宙航空研究開発機構), 岩渕頌太(東京農工大学), 船木一幸宇宙航空研究開発機構), 篠原俊二郎(東京農工大学), 谷川隆夫(東海大学), 藤野貴康(筑波大学), 中村隆宏(東京農工大学), 羽田亨(九州大学): “リサージュ加速を用いた無電極プラズマ推進機の推力計測 ,” プラズマ・核融合学会第29回年会, 2012年11月28日, 福岡, 28D20P. 
  170. 玉田嘉彦, 丹羽直之, 高橋徹, 藤野貴康, 石川本雄(筑波大学): “極超音速航空機搭載用矩形型DCW-MHD発電機断面形状が動作特性に与える影響,” 電気学会新エネルギー・環境研究会, 2012年9月6日, 神奈川, FTE-12-027, pp. 55-60. 
  171. 丹羽直之, 高橋徹, 藤野貴康, 石川本雄(筑波大学): “実規模スクラムジェットエンジン駆動MHD発電機の過渡応答解析,” 電気学会新エネルギー・環境研究会, 2012年9月6日, 神奈川, FTE-12-026, pp. 49-54. 
  172. 伊東浩介, 藤野貴康(筑波大学): “μ-TAS用MHDポンプ内の流動挙動に関する研究,” 電気学会新エネルギー・環境研究会, 2012年9月6日, 神奈川, FTE-12-022, pp. 25-30. 
  173. 齋藤晴樹, 濱口裕輝, 藤野貴康, 石川本雄(筑波大学): “商用規模非平衡ディスク型MHD発電機の性能と印加磁束密度の関係,” 電気学会新エネルギー・環境研究会, 2012年9月6日, 神奈川, FTE-12-019, pp. 13-18. 
  174. 濱口裕輝, 藤野貴康, 石川本雄(筑波大学): “商用規模非平衡MHD発電機の発電性能および電磁流体挙動に及ぼす入口スワールの影響,” 電気学会新エネルギー・環境研究会, 2012年9月6日, 神奈川, FTE-12-018, pp. 7-12. 
  175. 渡辺洋, 藤野貴康, 石川本雄(筑波大学): “商用規模ファラデー形MHD発電機入口部における分割電極ピッチの影響に関する三次元解析,” 電気学会新エネルギー・環境研究会, 2012年9月6日, 神奈川, FTE-12-017, pp. 1-6. 
  176. 渡邉康太,藤野貴康(筑波大学),瀬川武彦(産業技術総合研究所):”磁場印を伴うDBDプラズマアクチュエータの噴流特性,” 第44回流体力学講演会/航空宇宙数値シミュレーション技術シンポジウム2012, 2012年7月5,6日, 富山, 1D05. 
  177. 平山智士,藤野貴康,石川本雄(筑波大学),川崎圭,森正,岩本勝治(東芝): “外部磁界印加型ガス遮断器の消弧過程に関する数値解析,” 放電・静止器・開閉保護合同研究会, 2012年6月25,26日, 2012年6月25日, 名古屋, ED-12-065 SA-12-056 SP-12-008, pp. 13-18. 
  178. 松岡健之(宇宙航空研究開発機構),佐藤周平(筑波大学),船木一幸(宇宙航空研究開発機構),篠原俊二郎(東京農工大学),谷川隆夫(東海大学),中村隆宏,西田浩之(東京農工大学),藤野貴康(筑波大学),Timofei S. Rundenko,Konstantin P.Shamrai(INR),羽田亨(九州大学): “無電極電気推進の性能試験システムの開発,” 日本物理学会, 2012年3月24〜27日,西宮,25pYE-4. 
  179. 渡邉康太,藤野貴康 (筑波大学),瀬川武彦 (産業技術総合研究所):”DBDプラズマアクチュエータによる軸対称噴流に及ぼす外部印加磁場の効果,” 平成24年電気学会全国大会, 2012年3月21〜23日, 2012年3月23日, 広島, 1-034. 
  180. 伊東浩介,藤野貴康 (筑波大学):”μ-TAS用MHD micro-pump内の流体温度に及ぼす運転条件の影響,” 平成24年電気学会全国大会, 2012年3月21〜23日, 2012年3月23日, 広島, 3-110. 
  181. 玉田嘉彦,丹羽直之,藤野貴康,石川本雄 (筑波大学):”極超音速機搭載用矩形型DCW-MHD発電機の断面形状に関する研究,” 平成24年電気学会全国大会, 2012年3月21〜23日, 2012年3月21日, 広島, 7-031. 
  182. 濱口裕輝,藤野貴康,石川本雄 (筑波大学):”ディフューザ部を考慮した遷音速及び超音速非平衡MHD発電機の電磁流体挙動の比較,” 平成24年電気学会全国大会, 2012年3月21〜23日, 2012年3月21日, 広島, 7-028. 
  183. 齋藤晴樹,M口裕輝, 藤野貴康,石川本雄 (筑波大学):”商用規模非平衡ディスク型MHD発電機の発電性能に及ぼす印加磁束密度の影響,” 平成24年電気学会全国大会, 2012年3月21〜23日, 2012年3月21日, 広島, 7-027.
  184. 丹羽直之, 藤野貴康, 石川本雄(筑波大学): “円形断面を持つ実用規模スクラムジェットエンジン駆動DCW-MHD発電機の三次元解析,” 新エネルギー・環境研究会, 第7回新エネルギー技術シンポジウム, 2012年3月13〜15日, 2012年3月14日, つくば, FTE-12-010. 
  185. 山下督士, 藤野貴康, 石川本雄(筑波大学): “商用規模ファラデー形MHD発電機の負荷短絡事故の三次元解析,” 電気学会新エネルギー・環境研究会, 第7回新エネルギー技術シンポジウム, 2012年3月13〜15日, 2012年3月14日, つくば, FTE-12-009. 
  186. 吉見尚也, 藤野貴康, 石川本雄(筑波大学): “円筒形MHD発電機内の電磁流体挙動と発電性能に及ぼす円弧電極幅の影響,” 電気学会新エネルギー・環境研究会, 第7回新エネルギー技術シンポジウム, 2012年3月13〜15日, 2012年3月14日, つくば, FTE-12-008. 
  187. 藤野貴康,石井直紀,石川本雄(筑波大学): “超軌道再突入環境下でのMHD Flow Controlの効果,” 平成23年度衝撃波シンポジウム, 2012年3月7〜9日,2012年3月9日,柏, 3C3-5. 
  188. 松岡健之(宇宙航空研究開発機構),佐藤周平(筑波大学),船木一幸(宇宙航空研究開発機構),篠原俊二郎(東京農工大学),谷川隆夫(東海大学),西田浩之(東京農工大学),藤野貴康(筑波大学),Konstantin P.Shamrai(INR),羽田亨(九州大学): “小型ヘリコンプラズマ源を用いた無電極電気推進の性能試験,” スペースプラズマ研究会, 2012年2月27〜28日,2012年2月27日, 相模原. 
  189. 松岡健之(宇宙航空研究開発機構),佐藤周平(筑波大学),船木一幸(宇宙航空研究開発機構),篠原俊二郎(東京農工大学),谷川隆夫(東海大学),中村隆宏,西田浩之(東京農工大学),藤野貴康(筑波大学),Timofei S. Rundenko,Konstantin P.Shamrai(INR),羽田亨(九州大学): “無電極電気推進の推力計測システムの開発,” 宇宙輸送シンポジウム, 2012年1月19〜20日,2012年1月19日,相模原,STEP-2011-020. 
  190. 吉見尚也,藤野貴康,石川本雄(筑波大学): “円弧電極を持つMHD発電機の3次元数値シミュレーション,” 第25回数値流体力学シンポジウム, 2011年12月19〜21日,2011年12月21日,大阪, E09-4. 
  191. 和田航平,藤野貴康(筑波大学), 松岡健之, 船木一幸(宇宙航空研究開発機構): “誘導結合型高周波プラズマ推進機の推進性能に及ぼす質量流量の影響,” 第25回数値流体力学シンポジウム, 2011年12月19〜21日,2011年12月21日, 大阪, E09-3. 
  192. 石井直紀, 榊原諒, 吉野智之, 藤野貴康, 石川本雄(筑波大学): “輻射加熱を考慮した超軌道再突入時の再突入軌道と空力加熱に及ぼすMHD heat shieldの影響,” 電気学会新エネルギー・環境研究会, 2011年8月26日, 東京, FTE-11-020, pp. 65-70. 
  193. 佐藤周平(筑波大学), 松岡健之(宇宙航空研究開発機構), 藤野貴康(筑波大学), 船木一幸(宇宙航空研究開発機構): “リサージュ加速の推力計測に向けた検討,” 電気学会新エネルギー・環境研究会, 2011年8月26日, 東京, FTE-11-016, pp. 43-47. 
  194. 濱口裕輝, 藤野貴康, 石川本雄(筑波大学): “遷音速非平衡MHD発電機の準一次元設計計算および安定性解析,” 電気学会新エネルギー・環境研究会, 2011年8月26日, 東京, FTE-11-015, pp. 37-42. 
  195. 大貫永智, 山下督士, 石川本雄, 藤野貴康(筑波大学) : “商用規模大型ファラデー形MHD発電機の基礎的設計,” 電気学会新エネルギー・環境研究会, 2011年8月26日, 東京, FTE-11-014, pp. 31-36. 
  196. 丹羽直之, 高橋徹, 藤野貴康, 石川本雄(筑波大学) : “円形および矩形断面を持つ実験規模DCW-MHD発電機の三次元数値解析,” 電気学会新エネルギー・環境研究会, 2011年8月26日, 東京, FTE-11-009, pp. 1-6. 
  197. 平山智士, 木内健人, 藤野貴康, 石川本雄(筑波大学),森正,岩本勝治,河野広道(東芝): “外部印加磁場中におけるSF6とCO2アークプラズマの比較,” 放電・静止器・開閉保護合同研究会, 2011年7月4,5日, 2011年7月4日, 金沢, ED-11-059 SA-11-032 SP-11-005, pp. 37-42. 
  198. 吉野智之, 榊原諒, 藤野貴康, 石川本雄(筑波大学): “MHD技術を利用した再突入飛行体の熱防御に関する数値シミュレーション,” 平成22年度衝撃波シンポジウム, 2011年3月16〜18日, 2011年3月17日, 東京, 17-P-14, 143. 
  199. 佐藤周平(筑波大学), 松岡健之(宇宙航空研究開発機構), 藤野貴康(筑波大学), 船木一幸(宇宙航空研究開発機構): “ヘリコンプラズマ源を用いた無電極電気推進に関する理論解析,” 平成23年電気学会全国大会, 2011年3月16〜18日, 2011年3月18日, 大阪, 1-216. 
  200. 和田航平, 高橋徹, 藤野貴康, 石川本雄(筑波大学): “円筒形ダイアゴナル形MHD加速機の性能に及ぼす電極配置の影響,” 平成23年電気学会全国大会, 2011年3月16〜18日, 2011年3月16日, 大阪, 7-027. 
  201. 濱口裕輝, 大谷尚史, 藤野貴康, 石川本雄(筑波大学): “入口スワールを有する商用規模非平衡ディスク形MHD発電機の発電性能,” 平成23年電気学会全国大会, 2011年3月16〜18日, 2011年3月16日, 大阪, 7-026. 
  202. 吉見尚也, 高橋徹, 藤野貴康, 石川本雄(筑波大学): “円筒形MHD発電機と矩形MHD発電機の電磁流体挙動および発電特性の比較,” 平成23年電気学会全国大会, 2011年3月16〜18日, 2011年3月16日, 大阪, 7-023. 
  203. 大谷尚史, 藤野貴康, 石川本雄(筑波大学), 奥野喜裕(東京工業大学): “ディスク形MHD 発電機における発電性能と外部電力によるプラズマ加熱領域の関係,” 第6回新エネルギー技術シンポジウム, 2011年3月9〜11日, 2011年3月11日, つくば, E-4. 
  204. 丹羽直之, 長久保優, 井上真, 高橋徹, 藤野貴康, 石川本雄(筑波大学): “円形断面を持つ実験用DCW-MHD発電機の3次元解析,” 第6回新エネルギー技術シンポジウム, 2011年3月9〜11日, 2011年3月11日, つくば, E-3. 
  205. 長久保優, 山下督士, 藤野貴康, 石川本雄(筑波大学): “商用規模ファラデー形MHD発電機における三次元的ふるまいの基礎的検討,” 第6回新エネルギー技術シンポジウム, 2011年3月9〜11日, 2011年3月10日, つくば, FTE-11-003. 
  206. 井上真, 高橋徹, 藤野貴康, 石川本雄(筑波大学): “スクラムジェットエンジン駆動MHD発電機の性能改善における研究,” 第6回新エネルギー技術シンポジウム, 2011年3月9〜11日, 2011年3月10日, つくば, FTE-11-002. 
  207. 原口宣彦,佐藤周平, 藤野貴康(筑波大学),松岡健之,船木一幸(宇宙航空研究開発機構): “誘導性結合プラズマによる無電極電機推進の数値解析,” 宇宙輸送シンポジウム, 2011年1月20〜21日, 2011年1月20日, 相模原, STEP-2010-020. 
  208. 吉見尚也, 高橋徹, 藤野貴康, 石川本雄(筑波大学): “円筒形MHD発電機におけるプラズマ電磁流体の3次元数値シミュレーション,” 第24回数値流体力学シンポジウム, 2010年12月20〜22日, 2010年12月20日, 横浜, E1-2. 
  209. 吉野智之, 榊原諒, 藤野 貴康, 石川本雄(筑波大学): “電磁力を用いた再突入流れの制御に関する2次元数値解析,” 第54回宇宙科学技術連合講演会, 2010年11月17〜19日, 2010年11月18日, 静岡,2G12. 
  210. 木内健人, 平山智士, 藤野貴康, 石川本雄(筑波大学), 森正, 岩本勝治, 河野広道(東芝): “三次元構造を持つロータリーアークプラズマの数値シミュレーション,” 第88期流体工学部門講演会, 日本機械学会, 2010年10月30,31日, 山形, 米沢. 
  211. 榊原諒,吉野智之,藤野貴康,石川本雄(筑波大学): “電磁力を用いた地球再突入流れの制御に及ぼす誘導磁場の影響,” 電気学会新エネルギー・環境研究会, 2010年8月26,27日, 2010年8月27日,東京, FTE-10-041. 
  212. 藁谷浩樹,榊原 諒,吉野智之,藤野貴康,石川本雄(筑波大学): “再突入機体に搭載する機上表面ホール型MHD発電機の発電特性に及ぼすイオンスリップ効果の影響,” 電気学会新エネルギー・環境研究会, 2010年8月26,27日, 2010年8月27日,東京, FTE-10-042. 
  213. 井上 真,高橋 徹,藤野貴康,石川本雄(筑波大学): “極超音速航空機搭載用MHD発電機の電極配置の違いによる発電特性の検討,” 電気学会新エネルギー・環境研究会, 2010年8月26,27日, 2010年8月27日,東京, FTE-10-043. 
  214. 長久保優,山下督士,高橋 徹,藤野貴康,石川本雄(筑波大学): “小型MHD発電機の電気的構成の違いによる動作特性への影響,” 電気学会新エネルギー・環境研究会, 2010年8月26,27日, 2010年8月27日,東京, FTE-10-044. 
  215. 山下督士,長久保優,高橋 徹,藤野貴康,石川本雄(筑波大学): “商用規模ファラデー形MHD発電機入口部の三次元数値解析,” 電気学会新エネルギー・環境研究会, 2010年8月26,27日, 2010年8月27日,東京, FTE-10-045. 
  216. 吉見尚也,高橋 徹,藤野貴康,石川本雄(筑波大学): “円筒形連続電極ファラデー型MHD発電機の3次元数値シミュレーション,” 電気学会新エネルギー・環境研究会, 2010年8月26,27日, 2010年8月27日,東京, FTE-10-046. 
  217. 平山智士,藤野貴康,石川本雄(筑波大学),森正,岩本勝治,河野広道(東芝): “磁場印加SF6アークプラズマの電磁流体挙動に関する検討,” 放電・静止器・開閉保護合同研究会, 2010年6月28,29日, 2010年6月28日, 東京, ED-10-041 SA-10-057 SP-10-008, pp. 37-42. 
  218. 榊原諒,吉野智之,藤野貴康,石川本雄(筑波大学): “誘導磁場を考慮したMHD Flow Controlの2次元電磁流体解析,” 第42回流体力学講演会/航空宇宙数値シミュレーション技術シンポジウム2010, 2010年6月24,25日, 2010年6月24日, 鳥取, 米子 1D9. 
  219. 大谷尚史, 藤野貴康, 石川本雄(筑波大学), 奥野喜裕(東京工業大学): “商用規模非平衡MHD発電機に及ぼす高周波電磁界印加の効果に関する三次元数値解析,” 平成22年 電気学会全国大会, 2010年3月17〜19日, 2010年3月19日, 東京, 7-018. 
  220. 井上 真, 高橋 徹, 大熊秀海, 水村圭一, 藤野貴康, 石川本雄(筑波大学): “スクラムジェットエンジン駆動MHD発電機の性能に及ぼす電極配置の影響に関する3次元解析,” 平成22年 電気学会全国大会, 2010年3月17〜19日, 2010年3月19日, 東京, 7-017. 
  221. 平山智士, 藤野貴康, 石川本雄(筑波大学): “アークプラズマに与える外部印加磁場の効果に関する非定常数値解析,” 平成22年 電気学会全国大会, 2010年3月17〜19日, 2010年3月17日, 東京, 6-201. 
  222. 成重大輔, 高橋徹, 藤野貴康, 石川本雄(筑波大学): “商用規模ファラデー形MHD発電機の二次元解析,” 新エネルギ−・環境研究会, 第5回新エネルギー技術シンポジウム, 2010年3月10,11日, 長岡, FTE-10-007. 
  223. 小南 晋, 藤野貴康, 石川本雄(筑波大学), 奥野喜裕(東京工業大学): “高周波プラズマ制御法を備えた商用規模ディスク形MHD発電機の2次元数値解析,” 新エネルギ−・環境研究会, 第5回新エネルギー技術シンポジウム, 2010年3月10,11日, 長岡, FTE-10-013. 
  224. 水村圭一, 高橋 徹, 藤野貴康, 石川本雄(筑波大学): “スクラムジェットエンジン駆動円筒形実験規模MHD発電機の三次元数値解析,” 新エネルギ−・環境研究会, 第5回新エネルギー技術シンポジウム, 2010年3月10,11日, 長岡, FTE-10-028. 
  225. 長久保優, 山下督士, 高橋 徹, 藤野貴康, 石川本雄(筑波大学): “小型ダイアゴナル形MHD発電機の動作特性の比較,” 新エネルギ−・環境研究会, 2009年12月1〜3日, 長岡, FTE-09-080. 
  226. 吉野 智之, 藤野貴康, 石川本雄(筑波大学): “再突入プラズマ流の放射特性に及ぼすMHD Flow Controlの影響,” 新エネルギ−・環境研究会, 2009年12月1〜3日, 2009年12月3日, 長岡, FTE-09-087. 
  227. Satoshi Hirayama, Takayasu Fujino, Motoo Ishikawa (University of Tsukuba): “Three Dimensional MHD Simulation of SF6 Arc Plasma under Externally Applied Magnetic Field ,” 放電・静止器・開閉保護合同研究会, 2009年6月22,23日, 2009年6月23日, 名古屋, ED-09-65 SA-09-52 SP-09-21, pp. 97-101. 
  228. 大谷尚史, 藤野貴康, 石川本雄(筑波大学): “クローズドサイクルMHD発電を利用した太陽熱発電システムの検討,” 平成21年 電気学会全国大会, 2009年3月17〜19日, 2009年3月17日, 札幌, 7-035. 
  229. 増子拓也, 岩下武史, 金澤正憲(京都大学), 吉野智之, 高橋 徹, 藤野貴康, 石川本雄(筑波大): “DCW-MHD発電機の数値解析における並列化ILU-BiCGSTAB2法の活用,” 平成21年 電気学会全国大会, 2009年3月17〜19日, 7-036. 
  230. 高橋 徹, 藤野貴康, 石川本雄(筑波大学): “スクラムジェットエンジン駆動DCW-MHD発電機における発電機入口温度の非一様性が発電性能に及ぼす影響,” 電気学会新エネルギー・環境研究会, 第4回新エネルギー技術シンポジウム, 2009年3月12,13日, 2009年3月12日, つくば, FTE-09-07, pp. 39-44. 
  231. 大熊秀海, 高橋 徹, 藤野貴康, 石川本雄(筑波大学): “超音速航空機搭載用MHD発電機の動作特性と電極配置の影響,” 電気学会新エネルギー・環境研究会, 第4回新エネルギー技術シンポジウム, 2009年3月12,13日, つくば, FTE-09-08, pp. 45-50. 
  232. 山田正幸, 成重大輔, 藤野貴康, 石川本雄(筑波大学): “商用規模ファラデー形MHD発電機における安定性の検討,” 電気学会新エネルギー・環境研究会, 第4回新エネルギー技術シンポジウム, 2009年3月12,13日, つくば, FTE-09-12, pp. 63-68. 
  233. 大谷尚史, 藤野貴康, 石川本雄(筑波大学): “希ガスMHD発電機を利用した高温太陽熱発電システムの基礎的検討,” 電気学会新エネルギー・環境研究会, 第4回新エネルギー技術シンポジウム, 2009年3月12,13日, 2009年3月13日, つくば, p-21(ポスター発表). 
  234. 榊原諒, 吉野智之, 藤野貴康, 石川本雄(筑波大学): “イオンスリップ効果を考慮した弱電離電磁プラズマ流の数値解析,” 第22回数値流体力学シンポジウム, 2008年12月17〜19日, 2008年12月17日, 東京, H4-2, 6ページ(CD-ROM). 
  235. 吉野智之, 藤野貴康, 石川本雄(筑波大学): “電磁力を用いた流れの制御に及ぼすホール効果・イオンスリップ効果の影響,” 宇宙航行の力学シンポジウム, 2008年12月4,5日, 2008年12月4,5日, 相模原. 
  236. 吉野智之, 榊原諒, 藤野貴康, 石川本雄(筑波大学): “ホール効果・イオンスリップ効果を考慮したMHD Flow Controlの数値解析,” 第52回宇宙科学技術連合講演会, 2008年11月5〜7日, 2008年11月7日, 兵庫, 3J03, pp. 2301-2306(CD-ROM). 
  237. 礒崎名朗, 吉野智之, 藤野貴康, 石川本雄(筑波大学): “誘導結合型高周波CO2プラズマの電磁流体シミュレーション,” 第52回宇宙科学技術連合講演会, 2008年11月5〜7日, 兵庫, 3J06, pp. 2319-2324(CD-ROM). 
  238. 成重大輔, 藤野貴康, 石川本雄(筑波大学): “商用規模ファラデー形MHD発電機に関する最適化,” 電気学会新エネルギー・環境研究会, 2008年9月29,30日, 長岡, FTE-08-10, pp. 55-60. 
  239. 礒崎名朗, 吉野智之, 藤野貴康, 石川本雄(筑波大学): “高次近似輸送係数モデルを用いた誘導結合型高周波プラズマの電磁流体解析,” 電気学会新エネルギー・環境研究会, 2008年9月29,30日, 長岡, FTE-08-15, pp. 23-28. 
  240. 大熊秀海, 高橋 徹, 藤野貴康, 石川本雄(筑波大学): “極超音速航空機搭載用MHD発電機設計に関する予備的検討,” 電気学会新エネルギー・環境研究会, 2008年9月29,30日, 長岡, FTE-08-18, pp. 39-44. 
  241. 榊原諒, 吉野智之, 藤野貴康, 石川本雄(筑波大学): “イオンスリップ効果を考慮したMHD Flow Controlの数値解析,” 電気学会新エネルギー・環境研究会, 2008年9月29,30日, 2008年9月30日, 長岡, FTE-08-20, pp. 49-54. 
  242. 高山由貴, 吉野智之, 藤野貴康, 石川本雄(筑波大学): “ホール型MHD発電機を装備した惑星突入機の空力特性及び電気的特性,” 電気学会新エネルギー・環境研究会, 2008年9月29,30日, 長岡, FTE-08-21, pp. 55-60. 
  243. 小南 晋, 藤野貴康, 石川本雄(筑波大), 奥野喜裕(東工大): “大型商用規模非平衡MHD発電機の性能に与える高周波電磁界印加の効果,” 平成20年 電気学会全国大会, 2008年3月19〜21日, 7-003. 
  244. 成重大輔, 高橋 徹, 藤野貴康, 石川本雄(筑波大): “商用規模ファラデー形MHD発電機性能に及ぼすシード率の効果,” 平成20年 電気学会全国大会, 2008年3月19〜21日, 7-002. 
  245. 窪田健一(東工大), 佐藤博紀, 藤野貴康(筑波大), 船木一幸(JAXA), 奥野喜裕(東工大): “磁気プラズマセイル搭載用プラズマ源の検討と数値解析,” 平成19年度衝撃波シンポジウム, 2008年3月17〜19日, 東京, 18-P-19, pp. 457-458. 
  246. 吉野智之, 藤野貴康, 石川本雄(筑波大): “磁気エネルギー一定条件下で磁場分布を変化させた際のMHD Flow Control に関する数値解析,” 平成19年度衝撃波シンポジウム, 2008年3月17〜19日, 2008年3月17日, 東京, 17-A-4-3, pp. 53-56. 
  247. 水越亮佑, 藤野貴康, 石川本雄(筑波大): “熱入力1000 MW ディスク形MHD発電機の分割負荷結線による性能改善に関する数値解析,” 第3回新エネルギー技術シンポジウム, 2008年3月13,14日, B-2-3. 
  248. 佐竹真悟, 藤野貴康, 石川本雄(筑波大), 前田哲彦(産総研): “液体金属MHD発電の原理実証実験,” 第3回新エネルギー技術シンポジウム, 2008年3月13,14日, B-1-4. 
  249. 大熊秀海, 高橋 徹, 藤野貴康, 石川本雄(筑波大): “Scramjet Engine駆動Diagonal型MHD発電機の最適設計,” 第3回新エネルギー技術シンポジウム, 2008年3月13,14日, A-1-3. 
  250. 松本裕介, 藤野貴康, 石川本雄(筑波大): “地上実験条件におけるホール効果がMHD Flow Control に与える影響,” 第3回新エネルギー技術シンポジウム, 2008年3月13,14日, A-1-2. 
  251. 藤野貴康, 石川本雄(筑波大): “ホール型MHD発電機を装備した惑星突入機の空力特性に及ぼす電極配置の影響,” 電気学会新エネルギー・環境研究会, 2007年9月21,22日, FTE -07-20. 
  252. 高橋 徹, 藤野貴康, 石川本雄(筑波大): “スクラムジェットエンジン駆動DCWMHD発電機実験結果の三次元数値解析による検討,” 電気学会新エネルギー・環境研究会, 2007年9月21,22日, 2007年9月21日, 長岡, FTE -07-32, pp. 19-24. 
  253. 佐竹真悟, 藤野貴康, 石川本雄(筑波大), 前田哲彦(産総研), 清水和弥(東京大): “誘導磁界の影響を低減した液体金属MHD発電機の三次元数値解析,” 電気学会新エネルギー・環境研究会, 2007年9月21,22日, 長岡, FTE -07-35, pp. 37-42. 
  254. 高橋 徹, 後藤太樹, 藤野貴康, 石川本雄(筑波大): “スクラムジェットエンジン用DCWMHD 発電機の電磁流体挙動におよぼす負荷特性の影響に関する数値解析,” 第39回流体力学講演会/航空宇宙数値シミュレーション技術シンポジウム2007, 2007年6月14,15日, 2007年6月14日, 東京, 1C3, pp. 121-124. 
  255. 藤野貴康, 石川本雄(筑波大): “ホール型MHD 発電方式による電力抽出を伴う惑星突入流れの数値シミュレーション,” 第39回流体力学講演会/航空宇宙数値シミュレーション技術シンポジウム2007, 2007年6月14,15日, 東京, 1C10. 
  256. 水越亮佑, 藤野貴康, 石川本雄(筑波大): “非平衡MHD 発電機の発電性能におよぼす発電機スケールの影響に関する数値解析,” 第19回「電磁力関連のダイナミクス」シンポジウム, 2007年5月16-18日, A145, pp. 69-72.
  257. 周 マ, 藤野貴康, 石川本雄(筑波大), 謝 暁峰(清華大): “高温直接メタノール形燃料電池アノード側の電気化学現象に関する二次元数値解析,” 平成19年 電気学会全国大会, 2007年3月, 7-079. 
  258. 吉野智之, 藤野貴康, 石川本雄(筑波大): “MHD 相互作用を伴う再突入流れの数値シミュレーション,” RISH 電波科学計算機実験(KDK)シンポジウム, 2007年3月, 2007年3月13日, 京都,ポスター番号(9). 
  259. 藤野貴康, 石川本雄(筑波大): “ホール型MHD発電方式を利用した再突入流れからの電力抽出の可能性,” 第2回新エネルギー技術シンポジウム, 2007年3月, P-T-2. 
  260. 近藤賢司, 藤野貴康, 石川本雄(筑波大): “空心円筒磁石を用いたMHD Heat Shieldに関する二次元数値解析,” 第2回新エネルギー技術シンポジウム, 2007年3月, P-T-3. 
  261. 後藤太樹, 高橋 徹, 藤野貴康, 石川本雄(筑波大): “スクラムジェットエンジン用DCWMHD発電機の3次元電磁場解析による基礎的検討,” 第2回新エネルギー技術シンポジウム, 2007年3月, P-T-8. 
  262. 榎本悠, 藤野貴康, 石川本雄(筑波大): “H2-CO混合燃料を用いた商用規模MHD発電機の二次元解析,” 第2回新エネルギー技術シンポジウム, 2007年3月, P-U-7. 
  263. 吉野智之, 近藤賢司, 藤野貴康, 石川本雄(筑波大): “MHD熱制御法に及ぼす磁場分布の影響に関する二次元数値解析,” 宇宙輸送シンポジウム, 2007年1月18-19日, 2007年1月18日, 相模原, pp. 193-196. 
  264. 松本裕介, 藤野貴康, 石川本雄(筑波大): “超音速誘導結合型プラズマ流れの二次元数値解析,” 宇宙航行の力学シンポジウム, 2006年12月. 
  265. 藤野貴康, 吉野智之, 松本裕介, 笠原次郎, 石川本雄(筑波大): “電磁力による空力加熱低減に関する数値計算,” 第50回宇宙科学技術連合講演会, 2006年11月, 3I09, pp. 2047-2052. 
  266. 周 マ, 藤野貴康(筑波大), 謝 暁峰(清華大), 石川本雄(筑波大): “直接形高温メタノール燃料電池の二次元数値解析,” 電気学会新エネルギー・環境研究会, 2006年10月, 長岡, FTE -06-27. 
  267. 松本裕介, 藤野貴康, 笠原次郎, 石川本雄(筑波大): “超音速高周波プラズマ流れの二次元数値解析,” 電気学会新エネルギー・環境研究会, 2006年10月, 長岡, FTE -06-21. 
  268. 佐竹真悟, 藤野貴康, 石川本雄(筑波大), 前田哲彦(産総研), 清水和弥(東京大): “液体金属MHD発電機の発電性能におよぼす入口流速の影響に関する数値解析,” 電気学会新エネルギー・環境研究会, 2006年10月, 長岡, FTE -06-18. 
  269. 榎本悠, 藤野貴康, 石川本雄(筑波大): “H2-CO混合燃料を用いた大規模MHD発電機の最適化及び動作解析,” 電気学会新エネルギー・環境研究会, 2006年10月, 長岡, FTE -06-17. 
  270. 後藤太樹, 藤野貴康, 石川本雄(筑波大): “大型パルスMHD発電機内プラズマの導電率の評価について,” 電気学会新エネルギー・環境研究会, 2006年10月, 長岡, FTE -06-11. 
  271. 水越亮佑, 松本裕介, 藤野貴康, 石川本雄(筑波大): “大型非平衡MHD発電機の発電性能に関する予備的検討,” 電気学会新エネルギー・環境研究会, 2006年10月, 長岡, FTE -06-10. 
  272. 吉野智之, 松本裕介, 藤野貴康, 笠原次郎, 石川本雄(筑波大): “空力特性に及ぼすMHD Flow Controlの影響に関する二次元数値解析,” 電気学会新エネルギー・環境研究会, 2006年10月, 2006年10月26日, 長岡, FTE -06-03, pp. 15-20. 
  273. 後藤太樹, 藤野貴康, 石川本雄(筑波大): “大型パルスMHD発電機の自励外部磁場を考慮した数値解析,” 新エネルギー技術シンポジウム, 2006年, No. 9-6. 
  274. 藤野貴康, 笠原次郎, 石川本雄(筑波大): “宇宙往還機壁面の電気伝導率を考慮したMHD熱制御法数値解析,” 新エネルギー技術シンポジウム, 2006年, No. 6-2(CD-ROM). 
  275. 榎本悠, 佃知彦, 藤野貴康, 石川本雄(筑波大): “H2-CO混合燃料を用いた大規模MHD発電機の予備的解析,” 新エネルギー技術シンポジウム, 2006年, No. 5-4(CD-ROM). 
  276. 佃知彦, 藤野貴康, 石川本雄(筑波大): “石炭燃焼内向き流遷音速ディスク形MHD発電機の3次元解析,” 新エネルギー技術シンポジウム, 2006年, No. 5-3(CD-ROM). 
  277. 榎本悠, 佃知彦, 藤野貴康, 石川本雄(筑波大): “商用規模ファラデー形MHD発電機の予備的設計計算,” 電気学会全国大会, 2006年, 7-071, Vol.7, pp. 101. 
  278. 後藤太樹, 藤野貴康, 石川本雄(筑波大): “大型パルスMHD発電機の自己励起磁場の影響に関する2次元解析,” 電気学会全国大会, 2006年, 7-070, Vol.7, pp. 100. 
  279. 佃知彦, 藤野貴康, 石川本雄(筑波大): “CO2回収型遷音速ディスク形MHD発電機の性能向上に関する検討,” 電気学会全国大会, 2005年, 7-084, Vol.7, pp. 120. 
  280. 佃知彦, 藤野貴康, 石川本雄(筑波大): “石炭燃焼大型ディスク形MHD発電機の最適化に関する基礎的検討,” 電気学会新エネルギー・環境研究会, 2005, FTE-05-20, pp. 43-48. 
  281. 後藤太樹, 柚原誠, 藤野貴康, 石川本雄(筑波大): “大型パルスMHD発電機の自励課程を考慮した2次元解析,” 電気学会新エネルギー・環境研究会, 2005, FTE-05-19, pp. 37-42. 
  282. M. Yuhara, T. Fujino, and M. Ishikawa: “Three-Dimensional Analysis of a Large-Scale Pulsed MHD Generator Sakhalin,” 2005 Symposium on Materials and Systems for Energy Conversion, 2005, pp. 106-107. 
  283. T. Fujino, I. Funaki, H. Sugita, M. Mizuno, J. Kasahara, and M. Ishikawa: “Numerical Simulation of Earth Reentry Flows with Externally Applied Magnetic Field along OREX Trajectory,” 2005 Symposium on Materials and Systems for Energy Conversion, 2005, pp. 26-27. 
PAGE TOP